マイベストプロ山形
入澤和志郎

遺品整理士山形県第1号!29年以上の実績を誇る遺品整理のプロ

入澤和志郎(いりさわわしろう) / 葬儀

有限会社 風車

コラム

亡き父の遺言 生まれ故郷の海で海洋散骨葬

2021年12月21日

テーマ:海洋散骨

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: 遺品整理部屋の片付け不用品回収

先日、今年最後となります散骨葬を酒田沖合にて執り行わせて頂きました。
県外にお住まいのご遺族様からのご依頼でしたが、この時期初冬の日本海は西風、北風が吹き荒れ洋上も落ち着かない日がほとんどですが、今回のように晴れ間が見える穏やかな天候の日もございます。海洋葬をご検討されている方はお問い合わせ頂き日程やご要望についてご相談下さい。

今回のご契約内容は代理散骨葬となり、ご遺族様の乗船はなく私共スタッフのみでの執り行いとなります。
事前にご依頼者様よりご遺骨を送付頂き粉骨加工を施し静かにその日を待っておりました。散骨当日気温は低いものの北西の風も前日よりは弱まり、うねりこそ見えますが航行に問題ないと早朝より出港。この時を逃しますとまた低気圧の悪天候予報が出ており当分出港出来ないと考え判断しました。鳥海山にも厚く雲が掛かり少し薄暗い海上ですが時折陽が射して辺りが明るくなりもします。

風潮の流れを確認し機関停止、三点鐘から庄内ご出身の故人様のお名前を読み上げ祭事が始まります。見た目より潮流れが速く献花の花道も普段よりは細く流れて行きます。
うねりも有り波間に見え隠れしながらも、しっかりと花びらに寄り添いながら衣替えしたお父様も船べりを静かに離れて行きます。
故人様の新たな航海の始まりです。
無事を祈りつつ流れ行くその先に向かい合掌・・・。

代理散骨
代理散骨
代理散骨

帰社早々に代理海洋散骨葬を無事に終えました事のご報告をスナップ写真、海洋散骨証明書を添えてご依頼者様へご報告させて頂きました。
代理海洋散骨葬のご依頼頂き有難う御座いました。

海洋散骨についての詳しくは・・・こちら

実家の遺品整理と解体作業


1年前ご依頼頂いたご実家の遺品整理案件。不用品の処分もすっかり終えており、次に母屋解体の作業依頼でしたがコロナ禍で思うような作業日程も組めずにおりました。豪雪地帯の空き屋、冬期間も心配で何度か現場を視察、今にも潰れそうな積雪で母屋もスッポリと雪に埋もれ大変心配しておりました。一部続き納屋など雪潰れも御座いましたが母屋は何とか現状をとどめ春を迎えることが出来ました。



秋口に入り県内のコロナ禍も収まりようやく解体となりましたが、解体業者も目が回るほどの込み合いで着工日がずれ込み先月末にようやく着工です。
作業中みぞれ雪もパラパラ、今にも本格的な雪が降ってきそうな空模様でしたが重機を数台投入するとアッと言う間に更地に早変わり。解体途中の写真を撮る間もありませんでしたが、まずは無事に契約内容を全て終える事が出来ました。
ご依頼者様から作業終了後の現場をご確認後に感謝のお言葉を頂き気疲れも吹っ飛びました。
ご実家整理解体のご用命まことに有難う御座いました。



年末に際しご挨拶


本年も多くのご相談やお問い合わせを頂きまことに有難う御座いました。
全国的にも山形県内でもコロナ罹患者数はここに来て激減、山形では新たな罹患者数0日が続いております。ワクチン接種の効果でしょうか?確実に収束を見せておりますが、新たな変異株オミクロンなど年末年始の人の移動や、新たな経済刺激策なども発表されており春先にかけ心配は尽きません・・・。
そんなコロナの影響もあり、いまだ着手前、本契約前の案件も多数御座います。世の中のコロナ状況を注視しつつ、弊社を頼ってお問い合わせ下さったご依頼者様の為にもご希望に添えるよう対応致します。
来る年も社員一同、皆様の「こまった!」を「頼んでよかった!」に変えるべく精進致します。
困りごと等、是非ご一報お待ち致して居ります。
一年間お声掛けを頂き有難う御座いました。

山形の遺品整理、生前整理、海洋散骨、不用品回収、特殊清掃などお困りごとは・・・こちら


この記事を書いたプロ

入澤和志郎

遺品整理士山形県第1号!29年以上の実績を誇る遺品整理のプロ

入澤和志郎(有限会社 風車)

Share

関連するコラム

入澤和志郎プロのコンテンツ