まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
川合勝芳

売り上げ向上を実現する業務支援と広告企画のプロ

川合勝芳(かわいかつよし)

株式会社 曙印刷

コラム

顧客の目を引き付ける、チラシデザインのポイント&ノウハウ!

オリジナルチラシ作成

2015年9月30日 / 2018年1月11日更新

写真と文章の配置を考える

写真がチラシの中央に配置され、補足的に写真の下に文章が書かれているデザインがあります。
写真がチラシの中央に配置されているため、一見華やかで目立ちますが、チラシとしては良いデザインとは言えません。
写真を見れば、ある程度のことは理解できても、チラシの内容を全て説明できないですし、所詮補足的な部分でしかありません。

チラシは、サービスや商品などを宣伝する目的がありますが、あくまで、それは言葉で伝えなければ、全ては伝わりません。
補足的な役割の写真をチラシの中央に配置して、文章を隅に追いやることはやめたほうがいいでしょう。

チラシあくまでも文章が主役、文章は読みやすい位置にして、アピールしましょう。

ターゲットを明確にする

サービスや商品などを開発するときに、どのような年齢や性別の人をターゲットにしたサービスや商品なのかを明確にすることは重要です。

サービスや商品を宣伝するチラシにおいても、ターゲットとする年齢や性別などを考えて、デザインや文章を作成するのは、当然といえば当然です。

年齢や性別だけでは、漠然的で競合するサービスや商品との差別化ができませんのでもっと詳しく考えます。

例えば、スーパーマーケットのチラシのデザインや文章を作成する時には、まず、共通する客層を考え、ライフスタイルを想像します。

次に、近所にあるだいたい同規模で商品構成、客単価が同じようなスーパーマーケットと比べ、チラシを作るスーパーマーケットのポジションを確認します。

このような方法でポイントを考え、チラシのデザインや文章に反映すれば、ターゲットとなる客層が注目します。

掲載する情報には優先順位を

チラシに掲載する情報には限りがありますので、ターゲットとなる顧客にどれだけのボリュームの内容を掲載するかをまず考えます。

例えば、サービスや商品の宣伝において、チラシに必要な最低限の情報は、サービスや商品の名前、説明、価格、問い合わせ先でしょう。

これらの情報をチラシにレイアウトする際に、すべて同列に扱ってしまうと、ターゲットとなる顧客へのアピールとしては弱まってしまいます。

題名、誘い文句、見出し、本文といった文章の構成を考えた場合でも、ターゲットとなる顧客にアピールする順に文字を大きくしたり、フォントや色を変えたりすると効果的です。

写真についても、スペースが狭い場合、必ずしも商品などの全体像が映らなくても、アピールしたい部分を切り抜き、注目させることが重要です。

ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください

相談のお申し込みはお電話または、メールフォームから承っております。
◆ 電話 : 023-643-4632
◆ メール : メールフォーム


曙印刷ホームページはこちら

-------------------------------------
〒990-0834 
山形県山形市清住町2丁目9-31
営業時間:8:30~17:00
第2・第4土曜日、日・祝休業
-------------------------------------

この記事を書いたプロ

川合勝芳

川合勝芳(かわいかつよし)

川合勝芳プロのその他のコンテンツ

Share

川合勝芳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
023-643-4632

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川合勝芳

株式会社 曙印刷

担当川合勝芳(かわいかつよし)

地図・アクセス

川合勝芳プロのその他のコンテンツ