まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
川合勝芳

売り上げ向上を実現する業務支援と広告企画のプロ

川合勝芳(かわいかつよし)

株式会社 曙印刷

コラム

セミナー用チラシ作成のポイント&ノウハウ!

オリジナルチラシ作成

2015年10月8日 / 2018年1月11日更新

5W1Hを意識して情報を書き出す

どのような種類のチラシでも、対象者に情報が正確に伝わることが重要ですが、特にセミナー用のチラシは5W1Hを意識して情報を正確に伝えなければなりません。

まず、5W1Hを意識して必要な情報を書き出します。
Whatは内容を示し、セミナーで何をするのかといった情報です。
Whenは期日を示し、セミナーはいつ行われるかといった情報です。
Whereは場所を示し、セミナーがどこで行われるかといった情報です。
Wheyは目的や意義を示し、なぜセミナーが行なわれるかといった情報です。
Whoは担当者や窓口を示し、誰がセミナーを行うかといった情報です。
Howは方法をはじめ、進め方、価格を示し、セミナーを受講するための費用などといった情報です。

このような情報は、セミナーでは必要不可欠な情報で、どれか一つでも抜け落ちているとセミナーが開催できない恐れもあり、慎重に書き出してください。

書き出した情報をグループ分けしてレイアウトする

次に、書き出した5W1Hを「タイトル」「ポイントや目的」「会期や会場」「窓口や連絡先」にグループ分けします。

例えば、タイトルは「セミナーで何をするのか」、ポイントや目的は「なぜセミナーが行なわれるか、進め方、方法」にグループ分けします。
会期や会場は「セミナーがいつ、どこでおこなわれるか」にグループ分けします。
窓口や連絡先は、「セミナーを受講するための費用や誰がセミナーを行うか」にグループ分けします。

グループに分けた情報を、受講者にアピールしたり、理解をしてもらいたい順に、写真を使ってチラシの紙面にレイアウトしていきます。

例えば、メリハリの効いたレイアウトにしたいのなら、大きな写真と少量のポイントや目的を組み合わせます。
セミナーの名前を優先した場合は、タイトルを大きめにします。
会期や会場や窓口や連絡先は、控えめに、紙面の下の方にレイアウトすることが多いです。

リピーター続出のセミナーのチラシ法則

リピーター続出のセミナーのチラシには、必ず書かれている情報がありますので紹介します。
受講者にゴールや目標をしっかり明示しているチラシ。
受講者の気持ちを揺さぶるキーワードが書かれているチラシ。
受講者の立場に立ったセミナーの進め方や日時、時間が書かれているチラシ。
受講者が申し込みやすい方法が書かれているチラシ。

このような情報が書かれているチラシは、受講者の好奇心をくすぐり、意欲をかきたてます。

ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください

相談のお申し込みはお電話または、メールフォームから承っております。
◆ 電話 : 023-643-4632
◆ メール : メールフォーム


曙印刷ホームページはこちら

-------------------------------------
〒990-0834 
山形県山形市清住町2丁目9-31
営業時間:8:30~17:00
第2・第4土曜日、日・祝休業
-------------------------------------

この記事を書いたプロ

川合勝芳

川合勝芳(かわいかつよし)

川合勝芳プロのその他のコンテンツ

Share

川合勝芳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
023-643-4632

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川合勝芳

株式会社 曙印刷

担当川合勝芳(かわいかつよし)

地図・アクセス

川合勝芳プロのその他のコンテンツ