まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
橋本将吉

留年・休学対策に強い!現役医師の個別指導!

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

お電話での
お問い合わせ
0422-26-7222

コラム

〈医学生道場について〉 個別指導以外のサポート

医学生道場について

2015年10月1日 / 2018年5月15日更新

こんにちは。「そもそも先生がやりたいことはなんですか?」と言われた橋本です。医療と教育の両方を全力でやりたいんです!

ここでは、個別指導が開始してからの、「個別指導以外のサポート」についてお話しします。これに関しては、私が趣味でやっているようなところもありますので、個別指導には含まれませんし、料金も頂いておりません。そして、個別指導では医学を楽しんでもらえるような授業をします。料金は個別指導にだけ発生します。

ご家族との面談


月に一回程度、学習の経過を報告しています。また、大学生といっても、まだ10代~20代ですので、悩みも多い年頃です。親には直接言いづらいことも沢山あると思います。感謝の気持ち、不安な気持ち、「しっかりやっているぞ」という気持ちを、第三者を通して伝えるお手伝いもしています。面談に関しては、別コラムでも書いているので、もしよろしければ読んでみてください。

メール、LINEや電話でのお悩み相談


授業中など出れない場合もありますが、基本的には気づいたときに返す主義です。家族間で心配なことを直接お互いにぶつけあうのではなく、一旦第三者に投げて、冷静になってからでも遅くはありません。デフレスパイラルのようになっていることがありますので、私がワンクッションに入ることが多々あります。

将来の相談

将来や方向性の相談をうかがいます。

「何科に入ればいいのでしょうか」
「お金や安定の価値観が強いんですが、どれが正解でしょうか」
「自由度の高い職場の選び方を教えてください」
「好きな人と遠距離の病院になってしまいそうで、困っています」

本当に色々な相談を、お聞きします。必要があれば、仲間や価値観の近い人を紹介することもあります。

メンタルサポート


褒めます。認めます。色々な価値観があっていいと思います。医学部では周囲のパワーが大きいですので、自分がダメなのではないかと錯覚してしまうことがあります。大丈夫です。医学部に入った時点で、すごい力の持ち主です。今悩んでいる時点で、前を向いている証拠です。なんでも心配なことは相談してもらいたいなと思います。

仲間づくりの場の提供


医学生道場では、定期的に情報交換会を開催しています。気軽に話せるイベントのようなものです。色々な人の考えを聞くことが出来たり、同じ悩みを持っている人を見つけたりすることが出来ます。ちなみに医学生道場の生徒さんであっても、強制参加ではありません。

スケジュール


医学生道場では、スケジュールの管理はとても重要だと考えています。生活習慣の改善は、勉強時間の確保に直結します。

学校の出席チェック


なかなか自分のことを厳しくできない!という人のために、定期的に出席の状況を確認します。「橋本にまた言われると思うと、なんとか1限に間に合うように頑張るようになった」という生徒さんがいたので、希望がある方にはサポートしています。

吉祥寺自習室の利用


医学生道場は、中央線沿いにある吉祥寺に所在しています。杏林大学と吉祥寺駅を結んだ途中です(中央線吉祥寺駅から徒歩5分です)。なかなか家では勉強できないという人のために、生徒さんには自習室としての利用をOKしています。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

このサイトに早い段階で来て、読んでくれた医学部生さん達が得をするように、色々とお役立ちブログを書いています。楽しく読んでもらえるようにしていきますね。 興味があれば他にも覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場のブログ一覧(別のリンクにとびます)

医学生道場は、医師という医学部の先輩が同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。
↓↓↓↓↓↓
生徒さんと保護者さんの声(別のリンクに飛びます)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
公式サイトではもっと詳しく書いていますので、是非お立ち寄りください。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

この記事を書いたプロ

橋本将吉

橋本将吉(はしもとまさよし)

橋本将吉プロのその他のコンテンツ

Share