まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中憲男

患者とじっくり向き合う矯正歯科医

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3632-6777

コラム

プロ矯正歯科で初めて治療した外科矯正症例~初診から12年後まで~

2016年10月3日

みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です!

本日も、歯列矯正治療に役立つ有意義な情報を東京より発信していきます。

人気ブログランキング参加しております! 応援のクリックをいただければ幸いです!


矯正歯科 ブログランキングへ


うっとしい天候不順の毎日が続いております。
運動会のシーズンですので、本来ならばこのような天候になることはまれなのですが、やはり異常気象なのか?
地球温暖化の影響なのか?気になるところです。

プロ矯正歯科が開業したのは平成16年4月ですので、本年で12年目を迎えました。

12年間の間に矯正相談として来院された患者さんの数は3000名くらいおります。

その中から実際に治療を開始することになった患者さんは約1500名程度だと思います。

その中でも最初に担当した症例というのは記憶に残るものです。


本日はそんな患者さんが久しぶりに定期健診に来てくれました。

初診年月は平成16年8月 当時31歳でした

現在は平成28年9月 43歳です。


当時、記憶に残っているのは 初回からメッチャ難しい症例が来たな~ という感じでした。

今の自分であればたいしたことはないのですが、当時の自分の技量はまだまだ成長途中、経験不足な感は否めません。


過去にも何回か登場している症例ですが、 改めて治療を振り返る意味として本日用いることにしまいた。
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

外科的矯正治療中に顔はどの程度しゃくれてくるのか?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!
先週はみなさまの熱いクリックのおかげで人気ブログランキング なんと! 2位という位置までいきました!

ちなみに、ブログランキングの場合 インとアウトという形で アクセス数が表示されるのですが、 トップ3のイン、アウトの数はものすごく、プロ矯正歯科の定位置である4位と 某先生のブログ3位の間の溝は相当なものです。

一方で1位と2位の差もかなりあります。反対に、2位と3位は僅差です。

オリンピックに例えれば、1位の金メダルは永遠に記憶にのこり、2位と3位は一応メダルですが、4位はなにもないというイメージです。

そんな中、週に1日でも2位というポジションをキープできたのは 自分の月刊40000ページビューではなかなかのものといえます。

これからもブログを読む前にポチット、ブログを読んだ最後にもポチットお願いします!


歯科医 ブログランキングへ

昨日は東日本大震災があった日ですね。当院は有線放送ではなくラジオなのですが、(有線は同じ曲で頭が痛くなるのでラジオにしました) ちょうど震災があった時刻に黙祷がありました。

あの日から5年も経過したんだなあと、しみじみ思い、スタッフに話しかけたら震災当時のスタッフは全員退職しておりました(笑)

当院のクリニックに在籍するスタッフは退職理由のほとんどが結婚です。べつに結婚したら退職というわけではないのですが、震災当時のスタッフを振り返ると結婚して海外にいった人、結婚して長野県に引っ越した人と退職せざるおえない事情がありました。

やはり、歯科医院などの場合は独身女性のスタッフの割合が多く、結婚した場合は旦那さんの転勤などによって本人の意思とは関係なく退職に至るのは仕方ないと思います。

震災直後のブログです。


当時を振り返ると、自分はクリニックのことでいっぱいいっぱいだったのですが、歯科医師会の先生の中にはクリニックを休業して現地に入って身元不明者の確認作業にいかれた方もいました。

墨田区歯科医師会の中でも2名の先生が現地に入ったのですが、お二人の先生の行動には本当に頭がさがります。

いつまでもあの時のことは忘れないようにしていきたいです。







それでは、本日のテーマですが、外科的矯正治療中に顔はどの程度しゃくれるのか?です
プロ先生の歯列矯正日記つづきはこちらから

この記事を書いたプロ

田中憲男

田中憲男(たなかのりお)

田中憲男プロのその他のコンテンツ

Share

田中憲男プロのその他のコンテンツ