まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
東條美晴

メイクレッスン&セミナーのプロ

東條美晴(とうじょうみはる)

エコエルビューティカレッジ

お電話での
お問い合わせ
088-657-6560

コラム

サラサラ感を演出!好感度アップ!/梅雨時のメイクお悩み解決方法②

日常メイク

2017年6月18日 / 2018年9月17日更新

ジメジメした梅雨時は、
「毛穴の開きが気になる」「普段と同じメイクなのに厚化粧に見える・・」悩みも多いですね。
梅雨時もキレイが続く簡単!メイクのポイントの紹介です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちはメイクを通じて女性の笑顔を応援している
エコエルビューティカレッジ東條美晴です。

前回のコラムを読んでいただいた方から、

「梅雨時に相応しいコラムですね。スポンジを改めて見てみると真っ黒ボロボロでした・・・
お肌がブツブツの原因はここにあるのか・・。
慌ててスポンジ類を洗いました。意識させてくれてありがとうございます」

など嬉しいメッセージをいただきました。



メイクツールは、梅雨時に関わらず普段から清潔にしておくことが大切ですが、
忙しい女性にとって、うっかり見過ごしがち・・・・・・・
このコラムをきっかけに、ぜひ「意識して」お手入れしてくださいね。

●前回のコラムをまだお読みでない方は⇒http://mbp-tokushima.com/ecoel/column/1650/


さて、今回はメイクテクニックのご紹介です。

ジメジメしてお肌も気持ちも冴えない梅雨時は、
メイクでサラサラ感を演出することで好感度アップ!!

自分も、お会いした方も「爽やかな」気持ちになるようなテクニックをマスターしましょう。

レッスンを始める前に・・・

梅雨時のメイクの悩みは?



「ジメジメした外気で、メイクがよれたり、落ちやすい」

「毛穴が開きやすく、肌のコンデションが悪い」

「普段と同じメイクなのに厚化粧に見える」




そんなことないですか??


私も今ご紹介した悩みを多くの方からご相談いただきました。


梅雨時は湿度が高いため、
毛穴が開きやすく、メイクが崩れやすくなります。

梅雨時のメイクテクニックもいろんな方法がありますが、
今回は、ご相談いただいた悩みを解決するための3つポイントをご紹介いたします。


ポイント1.テッシュオフ


スキンケア終了後にテッシュで、余分な水分を取り除く、



この一手間で、お肌に残ったクリームなどのベタベタ感がとれ『サラサラ肌に』!!
毛穴の開きが気になりにくくなり、ファンデーションが自然にムラなくつきます。

●スキンケアについて詳しくはこちらのコラム⇒http://mbp-tokushima.com/ecoel/column/1185/

ポイント2.フェイスパウダー


リキッドファンデーションの後は、
普段より多めのフェイスパウダーを使い、表面をサラサラに仕上げる。



普段フェイスパウダーを使わない方もこの季節はぜひプラスしてみてくださいね。
湿気の多い梅雨時も化粧崩れ知らず!サラサラ肌が続きます。



※おすすめ
エヴィドンスフェイスパウダー(エコエルプロデュース)
●フェイスパウダーテクニック詳しくはこちらのコラム⇒http://mbp-tokushima.com/ecoel/column/1489/


ポイント3.リップ


梅雨時はジメジメしていて気持ちも冴えないせいか、
普段のメイクも厚化粧に見えがちです。



リップは普段使用している色より、
ワントーン抑えた色目を選ぶと爽やかに見え好感度アップ!!



口紅の色がわからない・・・・とお悩みの方は、
シュウウエムラリップ340がおすすめ!!



いろんな講座で、たくさんの受講生に使用しますが、
今回のイメージ「爽やか」に仕上がり喜んでいただいている色です。

※注意
グロスは梅雨時は控えめに、つけすぎると暑苦しくみえます。


いかがでしたか?
簡単でしょ~う♪♪
化粧崩れしやすい梅雨時も、
3つのポイントを抑えることで美しく仕上がり、崩れ知らず!!

梅雨だから・・雨だから・・と、
手を抜くことなく「爽やかな私」を演出して毎日を楽しんでくださいね。


○写真撮影 谷崎 健太郎 毛髪診断士 オーヴヘア店長 
http://ecoel.jp/aube-hair/
○コラム・アイテム協力/ エコエル
今回コラムでご紹介した商品はエコエルで購入できます。
http://ecoel.jp/
○コラム協力/Kデザイン
http://www.k-design2zz.com/

では、来週の日曜日に、
次回は、サマーメイク~汗に負けないメイク術~です。
楽しみにしていてくださいね。

この記事を書いたプロ

東條美晴

東條美晴(とうじょうみはる)

東條美晴プロのその他のコンテンツ

Share

東條美晴プロのその他のコンテンツ