マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

[離婚・男女問題]の専門家・プロ …53

全国の離婚・男女問題の専門家・コンサルタント

(全53人)

日本各地に事務所を構える「離婚・男女問題」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

16~30人を表示 / 全53

この分野の専門家が書いたコラム

アゲハの幼虫

アゲハの幼虫

2020-05-29

 庭のミカンの木にアゲハの幼虫がいた。少し見づらいが、鳥のフンのように見えるのが幼虫である。  これは、鳥に食べられないよう、フンに擬態しているのである(食事中の方すいません)。  この状態から、よく知られるとこ...

『リサイクルキャンペーン(市川市)』

『リサイクルキャンペーン(市川市)』

2020-05-28

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。 本日は,千葉県市川市が実施する『リサイクルキャンペーン』のご案内です。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための外...

電車の中にて

2020-05-28

 朝の通勤電車や、朝、駅でお酒(ビール、ストロング系、ワンカップ)を手に持って飲んでいる人がいる。  朝からお酒というのはどういう状態なのであろうか。   1、休日で、徹夜して飲んで、そのまま足りないから飲んでいる...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

ボビー・オロゴンさんが妻への暴行容疑で逮捕、外出自粛で増加のDVから逃れる方法は

ボビー・オロゴンさんが妻への暴行容疑で逮捕、外出自粛で増加のDVから逃れる方法は

2020-05-26

全国の配偶者暴力相談支援センターに寄せられた4月のDVの被害相談が、前年同月と比べて約3割増え、1万3272件(5月22日発表、速報値)であったと発表しました。DVが心身に与える影響は。逃れるためにできる対策は。弁護士の中村伸子さんに聞きました。

コロナ感染で労災に認定される?全国で緊急事態宣言下でも出勤することの不安

コロナ感染で労災に認定される?全国で緊急事態宣言下でも出勤することの不安

新型コロナウイルスへの感染リスクがある中、通勤し、人と接しながら働き続けることに不安を感じている人は多いはずです。仕事をすることで新型コロナウイルスに感染した場合、労災として認められるのでしょうか。弁護士の片島由賀さんに聞きました。

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

2020-03-10

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

他の地域から離婚・男女問題の専門家を探す