マイベストプロ佐賀

[離婚・男女問題]の専門家・プロ …1

佐賀県の離婚・男女問題の専門家・コンサルタント

佐賀県に事務所を構える「離婚・男女問題」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

佐賀県×離婚・男女問題

フリーワードで絞込み

1~1人を表示 / 全1

この分野の専門家が書いたコラム

不貞行為の賠償責任についての最高裁判決

2019-02-20

昨日(2019年2月20日),最高裁が「配偶者の不貞行為の相手方に『離婚の』(不貞行為の、ではない)慰謝料を請求できるか」という点につき,興味深い判断を示しました。(最三小平成29年(受)1456) 判決は以下の...

民法(相続法)が変わります(その2)

2018-12-05

相続 手続き

本年7月に成立した民法(相続法)の改正分野ごご説明するこのコラム,2回目は関心が高いであろう「配偶者居住権」についてです。 と,その前に。改正相続法の施行日が決まりました。 自筆証書遺言の要件緩和については20...

民法(相続法)が変わります(その1)

2018-11-06

相続 手続き

本年7月6日に,民法(相続法)の改正案が国会で成立し,40年ぶりに相続に関する規定が改正されることになりました。 改正内容は大きく分けると,①自筆証書遺言の活用促進,②配偶者の権利保護,③現行法での問題点の修正,...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

2020-03-10

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

2020-01-10

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

2019-11-25

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

他の地域から離婚・男女問題の専門家を探す

ジャンルを絞り込む

エリアを絞り込む

  • 佐賀県