まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
知念正彦

低価格でワンランク上を実現するお墓づくりのプロ

知念正彦(ちねんまさひこ)

天久石材店

コラム

個人墓と霊園の違い、メリットデメリット

墓地を選ぶ

2017年7月9日






沖縄では、山奥の私有地や村の小さな墓地にお墓を建てるということが一般的でした。

しかし、近年では施設が整った霊園も造成されてきています。交通アクセスもよく管理の行き届いている霊園も選択肢として考えてみてはいかがでしょう。

それぞれの違いは、自分のものになるかどうかということです。個人墓は自分の名義になり墓石も好みのものにできますが管理も個人の責任です。

霊園は区画使用の権利を買うだけで自分の名義にはなりません。しかし、管理がなされお参りのための設備が整っています。

個人墓と霊園、何がちがう?

沖縄でお墓を建てようと考えるとき、墓地には大きく分けて2種類あります。

個人墓と霊園です。この違いをわかりやすく例えると、個人墓はマイホームで霊園は借家です。

昔からの風習で、沖縄でお墓を建てるといえば各個人で自分のお墓を建てるというのが一般的です。個人墓を建てるには土地を購入し石材店に依頼し施工します。個人で掃除や管理を行い、次の代へ継承していくというものです。

個人墓では墓石はもちろん土地も所有権があります。登記もでき自分名義となります。初期費用だけで管理費用が発生することはありません。

一方、霊園が登場したのはここ20年ほど前からです。歴史が浅いために霊園自体の知名度がなく、まだ一般的とは言えないかもしれません。個人墓と異なり霊園では管理するものが存在します。

管理者は3つに分けられ自治体や寺院、財団法人がそれにあたります。常時管理がなされているため清掃やお参りのための設備も整っています。寺院墓地を除けば宗旨・宗派も問われません。自治体の公営墓地では、墓のデザインについての制限もありません。

それぞれのメリットとデメリット

慣れ親しんできた個人墓なのでお分かりかと思いますが、メリットは自分のものだということにつきます。自分名義で転売や処分も自由です。区画面積や墓石の形状やデザイン、加工も思うままです。

ただし、自分のものということは管理も個人の責任ということです。墓周りの掃除や管理の手間がかかります。場所によっては水場が近くにないこともあります。

霊園のメリットは管理が行き届き、お参りのための水場や柄杓(ひしゃく)などが整っていることです。交通のアクセスもよい場合が大半です。デメリットとしては自分のものとはならないことです。

霊園ではあくまで墓地を使用する権利を購入するだけで転売などはできません。年間管理料も毎年かかってきます。区画面積や墓石を自由に選ぶことができない場合もあります。

天久石材店のお墓づくり

お墓の施工事例
お墓のタイプと価格
無料見積やお問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

知念正彦

知念正彦(ちねんまさひこ)

知念正彦プロのその他のコンテンツ

Share

知念正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-759-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知念正彦

天久石材店

担当知念正彦(ちねんまさひこ)

地図・アクセス

知念正彦プロのその他のコンテンツ