まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
知念正彦

低価格でワンランク上を実現するお墓づくりのプロ

知念正彦(ちねんまさひこ)

天久石材店

コラム

墓石の品質の見極め方。高ければ良いはウソ!?

墓石を選ぶ

2017年7月20日



多くの人にとって墓石を選ぶということは初めての経験です。どのような判断基準で探せばよいのか、ということさえわからない方が大半でしょう。

国産の値段が高いものを買えば高品質だろうと思いがちですが、国産が高いのは埋蔵量やコストの部分に理由があります。高いからといって、それが品質に直結するわけではありません。

石材を見極めるには「原産地」「品質表示」「等級」を手掛かりとして、販売店と相談しながらじっくりと探すことです。

外国産と国産に価格の開きがある理由

一般的に、輸入材よりも国産のものは価格が高い傾向にあります。この値段の差は一概に品質の差とはいえません。国産が高くなるのは理由があります。

それは埋蔵量の問題です。小さな島国の日本と中国の広大な国土を比べても、それは明らかでしょう。国産の石はもう掘りつくして原石が少なくなってきています。埋蔵量が減り、掘り出される石が少なくなるほど価格は吊り上がっていきます。

国産の希少なもので、小松石という大変高価な石材があります。しかし石目や色みにばらつきがあり色合わせが難しい石です。冬場の温度変化にも弱く、数年で色が変わることもあります。流通が少ないから高額がつけられている好例です。

使用率も関係します。石は切り出した全てが墓石として使えるわけではありません。どの程度使えるかは、それぞれの石の種類によって異なります。使える率が少なければ少ない石種ほど、高額になってしまいます。

人件費も大きな要素です。石を切り出し加工する際に人件費がかかります。日本よりも人件費が安い中国であれば、その分のコストが割安となり価格に反映することができます。

天久石材店のお墓づくり

お墓の施工事例
お墓のタイプと価格
無料見積やお問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

知念正彦

知念正彦(ちねんまさひこ)

知念正彦プロのその他のコンテンツ

Share

知念正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-759-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知念正彦

天久石材店

担当知念正彦(ちねんまさひこ)

地図・アクセス

知念正彦プロのその他のコンテンツ