まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
大塚巌也

サードライフを考えるライフプランのプロ

大塚巌也(おおつかいわや)

有限会社アイエスコンサルティング

コラム

自転車の保険は必要!?

自動車保険

2016年5月3日 / 2016年5月4日更新

大阪府自転車条例を制定しましたね!  
大阪府のページによると、府内での平成27年の自転車事故の死者数は、前年の平成26年に比べ
16人の大幅増の50人に達したようです。
特に死者数の約5割が高齢者で、その死因の約8割が頭部損傷によるものだったそうです。
そのうえ、自転車が加害者となる交通事故によって、死者や重篤な後遺障害が生じ、
高額な賠償請求事例も発生しています。
自分だけの事ではなく、家族、特にお子様がいらっしゃるご家庭では特に心配ですね…。

大阪府域全体の共通課題となっていることを踏まえ、自転車の安全で適正な利用を
大阪府、府民、関係者が一丸となって促進するため、本条例が制定されました。
京都府も近い将来条例が出る事が考えられます。

自動車の事故であれば自動車保険が使えますが、自転車の事故についてはこれまで
なかなか保障してくれる商品が少なかったですね。

相手にけがをさせたり障害を残してしまった場合、やはり重要なのが個人賠償保険。
金額はとても安く2年間で3,000円前後…。
ただ金額が安いせいか、取り扱っている保険会社は少ない様です…。

そこでお勧めしたいのが自動車保険に付加されている日常生活賠責保険。
意外と一般では知らない方も多いようです。
個人賠償責任保険同様に、同居の親族も対象となりますので、自動車に乗られる方は
付加しておくと良いかと思います。

そして、自分自身の怪我です。
ウチもそうですが、子供が自転車に乗り人にケガさせた時は先述の日常陪席保険で担保されますが、
いわゆる自損事故で自分自身がけがをした時です。
治療費が高くつく成果、満足な治療が出来ず夢をあきらめたりしてしまう若若者もいるかもしれません…。
一般の傷害保険では定額保障なので、例えば通院したら一日いくらとか、そういった単位なので、
治療費全てを補う事は難しいと思います。

これを補えるのが自転車保険です。大阪府では、自転車保険の必要性を90%の府民が感じているのにも関わらず、
加入率はかなり増えてきたとはいえ、まだ40%ほどだそうです。

この保険は年間5,000円から7,000円程で加入できるようです。
…とはいえ、実は皆様がご加入されている自動車保険に
人身傷害特約が付加していれば、1,500円程で付ける事が出来る場合もあります!
(ただ、保険会社の商品によっては付加できないものもありますのでご注意ください)

この機会に自転車保険を効率よく加入できる方法を考えてみてはいかがですか?

自転車保険に興味がある方はコチラ⇓

参考
大阪府自転車条例
http://www.pref.osaka.lg.jp/dorokankyo/jyourei/index.html
http://www.pref.osaka.lg.jp/dorokankyo/osakajitensha/index.html

この記事を書いたプロ

大塚巌也

大塚巌也(おおつかいわや)

大塚巌也プロのその他のコンテンツ

Share

大塚巌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-691-0990

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚巌也

有限会社アイエスコンサルティング

担当大塚巌也(おおつかいわや)

地図・アクセス

大塚巌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

大塚巌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

大塚巌也プロのその他のコンテンツ