マイベストプロ石川
山下祐介

奥能登の棚田で美味しいお米を生産するプロ

山下祐介(やましたゆうすけ)

のと栄能ファーム

お電話での
お問い合わせ
090-2122-4416

コラム

想い出のそば

2019年10月10日

台風19号の接近が非常に気になる中、関東出張のため北陸新幹線に乗っております。
嵐の前の静けさなのか、車窓はずっと青空が広がっているのですが…(;^ω^)

昨夜、金沢駅に立ち寄ることができたので、ネットから予約した切符を発券してきました。今朝、駅に来た時でもよかったのですが、朝はバタバタしそうだったので、余裕を持って…(笑)

さて、昨夜、無事に切符を手にしたあと、夜ご飯何食べようかな~と考えていたら、ふと「白山そば」の看板を目にしました。

現在は金沢駅に隣接する金沢百番街の中にありますが、新幹線開業前は、駅ホーム上にもあった立ち食いそば屋さんです。

実は私、小さい頃から電車好きで、小学生のころは、休みになると電車を見に金沢駅へ行っていたりしていたので、この「白山そば」さんもよくお見掛けしていました。無論、当時小学生の私は、そばを食べることなく電車に夢中だったわけですが(;^ω^)

そんな20数年前の冬の日のことです。
1人で金沢駅へ行き、大阪行き「サンダーバード」の連結作業を見ていたら、年配の女性に声をかけられました。
「用事がすんだら、そこのお店においで」
と。

もちろん知らない人です。なんで声をかけられたのかもわかりませんでした。
「なにか悪いことしたかなぁ?怒られるのかなぁ?」
そんな風に、少しビクビクしながら連結作業を見て、作業が終わったらすぐに言われたお店に行きました。そのお店が「白山そば」さんでした。

「あのぉ~…」
恐る恐る声をかけたら、厨房にいた女性が
「もういいの?ちょっと待ってて。もうすぐそばが出来るから!」
と。
財布の中身は帰りの電車賃程度。そば代を払えるほども持っていなかったので、すぐさま
「いや、お金が…」
と言うと、
「いいのいいの!この寒い中、電車見てたんでしょ?お金はいいから!」

そう言って、暖かいそばをごちそうしてくれました。
何か褒められることをしたわけでもない、ただ好きで電車を見てただけの私にです。
金額にしたら500円もしないそばですが、あのときの私には、とても美味しいご馳走で、すごく嬉しかったのを覚えています。

そんな出来事をふと思い出させてくれた「白山そば」の看板。
あまりの懐かしさに、昨夜はついつい立ち寄ってしまいました(^^)/

あのときそばをご馳走してくれた女性の方に、今一度当時のお礼がしたいなぁ。
そんな懐かしい思い出に浸りながら、まもなく新幹線は大宮に到着します。

この記事を書いたプロ

山下祐介

奥能登の棚田で美味しいお米を生産するプロ

山下祐介(のと栄能ファーム)

Share

山下祐介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2122-4416

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下祐介

のと栄能ファーム

担当山下祐介(やましたゆうすけ)

地図・アクセス

山下祐介のソーシャルメディア

facebook
Facebook

山下祐介プロのコンテンツ