まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

飛距離と方向性の安定のために

ゴルフクラブ

2017年10月14日 / 2018年9月21日更新

私は、プロフィールにもありますように、スウィングを診る内科医であり、クラブを診る外科医でもあります。
今日は外科のお話をいたしましょう。
手術(クラブ製作)の成功により、劇的に症状が改善された例です。

彼は織田(おだ のぶあき)さん
福井工業大学付属高校の3年生です。
彼の悩みは『左へ曲がること』でした。
彼のヘッドスピードは50メートル超。飛距離はキャリーで300ヤードを超えます。
今まで1流メーカーの、一流のシャフトを使っていましたが、どうしても左への曲がりが直らず、怖いので叩けない。
だから飛ばなくなるし、余計に曲がるという悪循環がありました。
ではなぜ曲がるのか?それを彼のスウィングを診ながら考えたところ、シャフトのしなる部分が彼には合っていないと分かりました。
シャフトは、バット(グリップ下)・センター・チップ(先端)の3か所に大別できますが、このバットの剛性が彼には合っていなかったのです。
そこで私は彼にあるシャフトの入ったドライバーを渡し、打ってもらいました。
その時の彼の第一声が『何ですか!これ?! 思い通りに動いてくれる!』でした。
そして私は彼にそのシャフトと交換することを奨め、彼は喜んで同意しました。
手術(シャフト交換)にあたって、彼が使用しているヘッドは、ややフックフェースが強かったので、シャフトを挿す時にやや開くことも同時に行いました。
バランスや長さ、あるいはシャフトの種類や硬さは秘密です(笑)

改良されたドライバーを手にした結果、彼は10月5日~8日にかけて行われたHONMAツアーワールドというレギュラーツアーに出場し、アマチュアながら予選を通過。
本戦と合わせて4日間の平均飛距離が15位という素晴らしい成績を挙げました。
初日の飛距離は308ヤードで、11位につけたんですよ。
左への恐怖が消えた今、彼のヘッドスピードは2メートル以上上がり、キャリーも10ヤード以上伸びました。

『自分に合ったスペックとは?』
皆さんはどうやってそれを得ていますか?
何の計測値をもって、自分に合ったスペックだと信じられますか?
私にとっても、数値はもちろん大切ですが、何かの数値だけをもって症状の判断をつけることは大変危険です。
さまざまな方面から複合的に考え、数値と照らし合わせながら、自分の経験の中から最善と思われる策を採ってゆくのです。
そうです、私たちクラフトマン(外科医)は、広範なヘッド・シャフト・グリップ等々の知識を持ち、さらに積み上げてきた経験をもって患者さん(お客さま)の悩みに応えているのです。
計測器の数値だけを盲信してしまうと、危険なクラブ選びをしてしまうかもしれませんよ?
是非一度、私=専門医にかかってみてください。
直せない病もありますが、少なくとも納得していただける答えを出させて頂きますから。

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ