まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
網師本大地

現場第一主義を貫く中小企業再生のプロ

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

お電話での
お問い合わせ
050-1565-2605

コラム

能力のない残念な顧問税理士のケース / 建設会社の経営改善と事業再生 / 経営コンサルタント

2018年11月2日

《とんでもない顧問税理士》




税理士さんから、


『仮払い(社長貸付)をきれいにしないと、銀行から融資を受けれませんよ❗』


『なので、役員報酬を上げて、仮払いを消していくようにしましょう❗』





「保険や税金も高くなるし、年金も少なくなるのですが…」
 社長もしぶしぶ( >Д<;)




顧問税理士の先生の言う通りにしても、

なかなか仮払いは少なくならず( >Д<;)
(先生があれもこれも領収証や費用や経費を却下)




現在、三期連続、百万~二百万の営業損失( >Д<;)



社長の役員報酬を二百万下げれていたら、

ずーっと営業黒字になっていたことを説明( >Д<;)



ずーっと営業黒字ならば、いつでも融資を受けれていたことも説明( >Д<;)



年金ももらう年で現場で残業しているのに、

顧問税理士の言う通りにしていてこの様ですか?



怒りとガッカリ( >Д<;)




仮払いを下げるために、

役員報酬(紙の上で)を上げて、

営業赤字という、

税務署のポチ顧問税理士に受けた経営のアドバイスに…




経営相談の最後に社長が、


「コンサルの先生、わが社の現在の一番の経営課題は何ですか?」


と質問するので、







もうお分かりでしょうが、


経営上の現在の緊急で重要な問題解決の対策は、


顧問税理士を一刻も早くに交代させることですね。。。







会社が税理士に顧問料を払って、

顧問税理士に会社に多大な損害を与えられる、

なんのこっちゃら???













いるんですよね❗

こんな税理士さんが・・・




決算書の全体が見えなくて、

この数字が変われば、

ここの数字が変わる。


そこがわからない先生が…




とりあえず、一緒にいい税理士さんを探しましょうね。


そう答えて…


という残念な経営相談でした( >Д<;)

この記事を書いたプロ

網師本大地

網師本大地(あじもとだいち)

網師本大地プロのその他のコンテンツ

Share

網師本大地プロのその他のコンテンツ