マイベストプロ愛知
松尾益秀

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート

松尾益秀(まつおみつひで) / グラフィックデザイナー

T.M.P.

コラム

広告はどうしてターゲットを絞らなければいけないのか。

2019年12月18日 公開 / 2020年3月2日更新

テーマ:中小零細企業のマーケティング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 広告 マーケティングWEBマーケティング 基礎チラシ作成 デザイン

「どうしてターゲットは絞らなきゃいけないんですか?
対象の人数が減ってしまうので間口は広くしたいんですけど。」

こんな疑問があります。

気持ちはわかります。
「すべての人」に売りたいですよね。
でも、この「すべての人」に向けたメッセージは「曖昧」になってしまいます。

例えば健康飲料の場合
「すべての人」に向けると
「素早く水分補給ができ、今すぐ水分が必要な人にオススメです」
なんだか「曖昧」ですね。

ターゲットを少し絞ってみます。
「若さを保つには水分が不可欠。この天然水はアンチエイジングに役立ちます。」

少しターゲットを絞っただけで
より「具体的」で「わかりやすく」なりました。

いつまでも若く美しくいたい女性が
「これは自分に向けられたメッセージだ」と
気がついてくれますね。
これが一番重要なことなんです。

ターゲットを絞ったメッセージは
気づいてもらうための第一歩なんです。

例えばあるリフォーム会社の例です。
チラシの平均的な反応は1万枚配布して3件程度。
これは決してそんなにいい数字ではありません。

チラシのキャッチコピーを少し変更しました。
「60代70代のご夫婦の方、手塗り外壁塗装でお家を若返らせましょう。」

反応率は倍になりました。
これは、60代70代の夫婦にターゲットを絞って、
さらにリフォーム全般ではなく外壁塗装に絞ったわけです。
外壁を塗り替えたい60代70代の夫婦に気づいてもらったということです。

チラシの内容もターゲットを絞ったものにすれば
さらに反応アップが期待できます。

ターゲットを絞るとメッセージが
「具体的」で「わかりやすく」なる。
ターゲットを絞ると気がついてもらいやすくなる。
つまり売りやすくなるということです。

まずはターゲットを絞って広告をつくりましょう。

中小企業のマーケティングに興味がある方へ無料プレゼント!↓
https://www.designyasan.com/mrepo/

小さな会社のための
まちのデザインやさん
T.M.P. ティーエムピー
https://www.designyasan.com/

小さな会社のための集客・販促コンサル
https://tmplove.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

松尾益秀

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート

松尾益秀(T.M.P.)

Share

関連するコラム