まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
松尾益秀

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート

松尾益秀(まつおみつひで)

T.M.P.

松尾益秀プロのご紹介

「まちのデザインやさん」として中小企業の活性化をサポートする(1/3)

“まちのデザインやさん” として中小企業をサポート 松尾益秀さん

小さな会社の魅力を最大限に引き出す

 グラフィックデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ松尾益秀さんの肩書は、“まちのデザインやさん”。親しみやすい呼称には、デザインを通じて中小・零細企業に貢献したいという願いが込められています。
「T.M.P.」の3本柱は会社案内のパンフレット、店や商品のロゴマーク、ホームページの制作です。ウエブ全盛の時代ですが、営業先ですぐにカバンから取り出して見せることのできる会社案内は、便利な営業ツールとしてその良さが見直されています。
 制作の際、松尾さんはディレクターとして自ら経営者にヒヤリング。「経営者の思いをダイレクトに受け止められるし、余分なコストもかかりません。時には自分でコピーも書きます。カメラマンやコピーライターとのネットワークもあり、幅広い要望にお応えできます」

 ものづくり王国と呼ばれる中部地方には製造業が多く、そのほとんどは中小企業。他社にはない特色ある技術を持った企業も多く、これまで松尾さんはそうした企業のブランディングを数多く手掛けてきました。しかし、ライバル企業に自社のやっていることを知られたくないと、情報開示にはあまり前向きでない経営者もあるとのこと。「大手の下請けとして経営的にも安定しているためか、自社のすばらしさに気づいていない経営者の方もいらっしゃいます。そういう方々から自社の強みを引き出して、それに気づかせてあげると、とても喜ばれます。若い社長さまからお仕事のご依頼や相談を受けることが多いですね。『今のままではダメだ』と、危機感を抱いていらっしゃるのだと思います」と、松尾さんは分析します。

 時には依頼によりJimdoなど無料のホームページを使ってのデザインも引き受けます。「ウエブで集客を図るには、ホームページを常に更新していく必要があります。ですから、ぜひ、ブログは書いて頂きたいですね。SEO対策も重要です。自社の強みとなるキーワードを入れながら文章を書くことで検索エンジンの上位に上がってくるので、見つけられやすくなります」

松尾益秀プロのその他のコンテンツ

Share

松尾益秀プロのその他のコンテンツ