まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
小野修介

オンリーワンのデザインと満足度の高い価格を実現したジュエリーのプロ

小野修介(おのしゅうすけ)

宝石専門店 小野指環店

コラム

ダイヤモンド・4Cのカラット

2014年5月8日 / 2014年6月28日更新

ダイヤモンド・4Cのカラット
4Cのそれぞれを小売りの現場からの目で記してみましょう。ただ、当店の場合は完成品を販売することは滅多にありません。オノスペシャルでダイヤ選びからスタートし、ダイヤジュエリーの誕生を目指しますので、他の宝石店とは異なるかも知れません。

■カラット(Carat)⇒重量(略字ではct)。1カラットは0.200g。他の品質が同じであれば、重い程高価となります。電子カラット天秤ではかり、小数点以下3位まで測定できる。

『大粒ダイヤとか大きなダイヤ』との言い方もしますが、実際は重さです。ただ、重さは見た目で分かりにくいですが、外見の大きさは分かり易い為に『大きいダイヤ』と言われがちです。

ダイヤには特殊な性質があります。
カラット以外の品質(カラー、クラリティ、カット)が同じであれば、重さの範囲以内で価格が正比例に変化します。
例えば・・・・・・・・・・・・・0.200ct~0.249ct、0.250ct~0.299ct、0.300ct~0.399ct、0.400ct~0.499ct、0.500ct~0.599ct・・・・・・・・・                                   
一括りはそれぞれ正比例で価格が変化しますが括りが重くなれば、価格上昇の割合が高まります。
重さと価格の関係ですが重さが2倍になれば価格も2倍とはなりません。
0.200ct~0.249ct,D,VVS2,HCEXのダイヤと2倍の重さの0.400ct~0.499ct,D,VVS2,HCEXのダイヤの価格を比較しましたらおおよそ3倍でした。
0.250ct~0.299ct,D,VS1,HCEXのダイヤと2倍の重さの0.500ct~0.599ct,D,VS1,HCEXのダイヤの価格を比較しましたらおおよそ3.7倍でした。この様にダイヤの重さが重くなるほど、価格は高くなりますね。

 ダイヤを選ぶ際、重さだけで選ぶことは滅多にありませんが、中には4Cの内、カラットだけを重視して他の3Cは低品質のダイヤを選ぶ場合もあります。価格は低価格となりますが輝きが弱くなります。一般的には、用途(リング、ペンダント、イヤリング、ピアス、ブローチ、タイタック等々)に応じて、ご予算の中で4Cを組みわせて選ぶ場合が多いです
年齢が加わりますと大き目なダイヤを選ぶようですが、これはダイヤだけでなく、ほとんどの宝石に見られる傾向です。
次回はカラーにふれてみましょう!!

この記事を書いたプロ

小野修介

小野修介(おのしゅうすけ)

小野修介プロのその他のコンテンツ

Share

小野修介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0237-84-2927

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小野修介

宝石専門店 小野指環店

担当小野修介(おのしゅうすけ)

地図・アクセス

小野修介のソーシャルメディア

rss
rss
2018-05-26
facebook
facebook

小野修介プロのその他のコンテンツ