まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
長沼ゆかり

英語の先生のための指導法・英語力向上トレーナー

長沼ゆかり(ながぬまゆかり)

英語の先生のための英教塾

お電話での
お問い合わせ
03-5937-3390

コラム

Listening力を上げるために、いきなりディクテーションをしてはいけない訳とは?

4技能指導

2018年2月11日 / 2018年9月20日更新

Listening 力を上げるために、
聞いたものを書きとる(ディクテーション)のが有効と言われます。

確かに、有効なのですが、いきなり聞いたものを書きとるのはおすすめしません。

なぜなら、listening 力を上げるために、
必須のスキルが伸ばせなくなるからです。

それは。。。

話の筋を追うスキル です。

話の筋を終えるようにするには、
一語一句を聞きとるのではなく、
わからないところがあっても、
大事なポイントを押さえて聞けるように
しなければいけません。

この練習を何よりも先に行う必要があります。

では、ディクテーションとはどのようなスキルを伸ばすものでしょうか。

ディクテーションとは、細かいところを聞きとれるようにするためのものです。

語彙や、表現、文法、発音などを含めて、
細かいところを聞けるようにするスキルアップ練習です。

一語一句聞き取ろうとする練習ですから、
話の筋を追うスキルアップの練習ができません。

*************************

リスニング力を伸ばすには、

『話を筋を追うスキル』 も、

『細かいところを聞きとるスキル』 も、

どちらも重要で、どちらもバランスよく実践することが大切です。


ただし、実践する順番を守って効果的にリスニングを上げましょう。


1.話の筋を追う  練習をしてから、

2.ディクテーションなどで、細かいところを聞けるようにする練習 をしましょう。


日本では、圧倒的に、ディクテーションなどの細かいところを聞きとる練習をしている学習者が
多いと実感します。

『木を見て森を見ず。』

細かいところばかり聞き取ろうとすると、どんな話だったか分からなくなります。

『まず森を見てから木を見る。』  

まず全体を理解してから、細かいところを練習しましょう。

この方法で学習すると、話の筋を理解しながら、結果的に大事なところを途中見失わなくなるので、
細かいところも聞き逃さなくなります。

難しい4技能試験、英検Ⓡ準一級、一級、TEAPⓇ、IELTSⓇ、

TOEFLⓇなどでも、この方法なら対応ができます。

継続して練習してください。

この記事を書いたプロ

長沼ゆかり

長沼ゆかり(ながぬまゆかり)

長沼ゆかりプロのその他のコンテンツ

Share

長沼ゆかりプロのその他のコンテンツ