まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
五十嵐友清

塗り替えリフォームのプロ

五十嵐友清(いがらしともきよ)

愛情ペイント〔(株)ジェスTW〕

お電話での
お問い合わせ
0120-17-4116

コラム

鹿田邸 ケレン・高圧洗浄・木部アク洗い・外壁クラック補修

2013年7月22日 / 2014年7月18日更新

7月20日 ケレン・高圧洗浄・木部アク洗い・外壁クラック補修を行いました。



ケレンとは、カワスキやマジックロンなどで旧塗膜を削ったりサビを落としたり、キズを付けることです。錆や旧塗膜の剥れ等が無くてもケレンは最初に行います。鉄部(主にトタン、屋根、鉄階段)の表面がツルツルのまま塗った際、すぐに塗料が剥がれてしまうからなのです。錆が発生していなくても必ずケレンを行い、鉄部にキズを付けます。キズを付けると言うと良いイメージがしないかと思われますが,これが基本中の基本。いくら良い材料を使っても下地処理を怠ればなんの意味もありませんからね。



外壁、屋根、サッシ、ベランダ床まで様々な箇所を洗浄していきます。そしてチョーキングや苔、カビ等を洗い落していきます。実際にチョーキングの影響で塗装が剥がれてしまい、塗装し直すというケースがありますので高圧洗浄は、必ず行います。



今まで積り積もった、汚れ、カビ、シミ等を薬品を使って綺麗に漂白洗浄していきます。薬品自体は非常に強い為、薄く希釈し1回、2回と根気強く塗布していきます。※この時非常に強い臭気が発生しますので、ガスマスク、ゴム手袋が必需品となります。



外壁塗装をする前にクラック(外壁に入ってる亀裂)があればまず外壁のクラック補修を行います。外壁内部に雨水が浸透してしまい、雨漏りの原因になるので専用の機械でクラックを広げてからコーキング材を埋めていきます。何故クラックを広げる必要があるのかというと狭いクラックのままコーキング材を埋めようとしても奥部に入りきらず表面だけしか埋められないからです。なのでクラック補修をする際は、必ずクラックを広げ、コーキング材を埋めていきます。

この記事を書いたプロ

五十嵐友清

五十嵐友清(いがらしともきよ)

五十嵐友清プロのその他のコンテンツ

Share