マイベストプロ大阪
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ大阪
  3. 大阪のくらし
  4. 大阪の文化・教養・カルチャー
  5. 馬上久恵
  6. コラム一覧
  7. 40代からの肌の色に合うメイクカラー「ファンデーション」を選ぶ時のポイント
馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(まがみひさえ) / 講師

Applause of Color(アプローズオブカラー)

お電話での
お問い合わせ
090-8750-8853

コラム

40代からの肌の色に合うメイクカラー「ファンデーション」を選ぶ時のポイント

こんにちは。
あなたをもっと美しく見せる
イメージコンサルタントの馬上久恵です。

「長所を引き出すメイク」で大切なポイントの一つに
「肌の色に合ったメイクカラーを選ぶ」ことがあります。
今日はファンデーションについてのお話しです。



人の肌色はいろいろですね。
パーソナルカラー診断にお越しいただく方の多くが
「私の肌は黄みがあります、だからパーソナルカラーはイエローベース!です」
と言われます。
けれど実際は、ピンクがかった色、黄みの強い色など皆さんが思っている以上
に肌の色にも幅があります。

また、口紅などのポイントメイクの色によって顔色の変化を感じた経験はありませんか?

例えば、同じピンクの口紅であってもサーモンピンクやアプリコットピンクなどの
黄みをおびたピンク、ローズピンクなど青みをおびたピンクでは
つけたときの顔の印象はまったく違いますね。

肌を美しく見せるメイクカラーで大切なのは肌とメイクカラーの調和が大切です。


①パーソナルカラー診断とファンデーションの色選び

パーソナルカラー診断では、素肌の状態とさまざまなテストカラー(ドレープ)との
調和をみていきます。
ファンデーションの色が素肌と大きく違う場合には、診断の時に時間がかかる場合があります。
パーソナルカラー診断を受ける場合はメイクはなしの状態
あるいはファンデーションを薄くつけるていどに押さえるようにしましょう。

<ファンデーションの色>
ファンデーションの色は肌と同系のものを選びます。

店頭で試す場合は頬骨の下あたりに試してみたいファンデーションを塗ってもらいますね。
その時に肌との色みを確認する場合
手鏡を少し離して持ち、試し塗りをした部分だけが浮いて見えていないかを
チェックしてください。

鏡を近づけすぎると見えにくい場合があります。
ポイントは鏡を顔から少し離して確認する
ことを忘れないことです。
また、色の違いを確認するのは昼間の自然光がおすすめです。
そのためお店で購入する場合、できれば一度外に出て自然光で確認することをおすすめします。


室内の光では見えづらかったファンデーションと肌の色の違いが外にでてみると
「あらっ以外と」なんて感じる場合もあります。

同行ショッピングの際もお客様と必ず外の光で確認します。
ファンデーションなどは一度購入するとすぐに使いきれるものではないので
面倒だと感じる方もおられますが、納得のいく色選びにはおすすめするステップになります。


②ファンデーションの明るさ

「白い肌こそ美しい」そう思って明るい色を選んだ!そんな声が多く聞かれます。

お店などで購入の際もある程度の色の候補がでたら
少しでも明るい色を選びたくなります。
ですが、ここで少し一呼吸!
ポイントメイクなどをしっかりとされる方は、ワントーン落ち着いた色のファンデーションにしましょう。

落ちついた色のファンデーションといっても、はっきりと暗さがわかるようなものは
肌がくすんで見えます。そこは注意が必要です。


ワントーン落ちついたファンデーションを選ぶ理由は、ファンデーションを塗った後に
ポイントメイクを加えることでファンデーションの白さが強調されるからです。

また、試し塗りの小さな面積と違いお顔全体に塗った場合とでは、全体に塗った方が
より明るく白く見えます。

はじめから明るく白いファンデーションだと他のメイクが加わった時に
厚化粧のイメージになる可能性があります。
特に鮮やかさが強いカラーのポイントメイクがお好きな方は
この顔色の変化に注目しましょう。

逆にポイントカラーなどはあまりつけない!という方がワントーンおちついた
ファンデーションを選んでしまうと寂しい印象になります。
素肌と同じ明るさか少し明るめでもきれいです。


ファンデーションは肌にベールをかけるイメージです。
くすみなどの色ムラのカバー、肌の凹凸もカバーできます。

ファンデーションの色は基本的に素肌に似たカラーを選ぶ。その上につける
口紅やアイシャドー、チークなどでお顔全体をコーデネートしていくイメージです。

ファンデーションのカラーだけでメイクを考えるのではなく、ご自身の肌とさらに
他のメイクカラーとの全体的な調和を意識して選んでみてください。


■関連コラム
パーソナルカラー診断を受けても洋服の色がうまく選べない人の解決方法
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5111647/

営業成績が上がった女性が実践した好感度が上がる身だしなみ
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5102866/

■ホームページ→http://applause-of-color.jp//

■馬上久恵 HISAE MAGAMI
ジュエリーメーカー勤務での販売経験の中で女性が本当に美しくなるためには
内面・外面の充実が必要不可欠であると感じる。
現在大阪で総合的な美しさを引き出す
マナー、コミュニケーション&色彩心理テクニックを伝える教室
「Applause of Color」を主催。
個人向けコンサルタント、セミナー講師、専門学校講師として幅広く活躍中!

この記事を書いたプロ

馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(Applause of Color(アプローズオブカラー))

Share

関連するコラム