まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中井紗央理

資格取得もできるアロマエステのプロ

中井紗央理(なかいさおり)

Chaleur(シャルール)

コラム

夏の紫外線対策

美肌・美容

2015年6月26日 / 2017年6月16日更新

紫外線対策

夏は1年の中で最も暑く
紫外線、メイク崩れ、気温の上昇にともない汗をかきやすく
オイリー肌になりやすい方も増加します。

女性にとっては、とても厳しい季節です…。

特に、夏の紫外線は『美肌の大敵!』

紫外線ケアをしているとしていないとでは
5年後・10年後の肌状態は大きく変わってくるほど
大切なケアです。

しかし、、、
うっかりUVケアをせずに
日々、少しずつ日焼けをしてしまったと言う方も
少なくはないはずです。

紫外線の恐さは、日々蓄積され 『肌の乾燥』 や 『シワ』
また、ある日突然 『シミ』 として急に現れたりします。


紫外線は【UV-A】・【UV-B】・【UV-C】と3種類ありますが
特に日常注意するのは【UV-A】と【UV-B】です。

どちらも肌老化の原因になるので、両方防ぐことで肌を守ります。

☆UV-A・・・真皮まで到達し、シミやタルミの原因に
☆UV-B・・・主にシミや日焼け肌の炎症の原因に

紫外線の強さは、街中・海・山などで違います。
シーンにあわせて日焼け止めの種類を変えて使用しましょう!

≪SPF≫・・UV-Bからお肌のダメージを守るもの。
        紫外線をカットできる時間の数値 (SPF20だと約5時間程度)
≪PA≫・・・UV-Aからお肌のダメージを守るもの。

【PA+】      防御効果がある。
【PA++】    防御効果がかなりある。
【PA+++】  防御効果が非常にある。 
【PA++++】 防御効果が極めて高い。 

日常使いであれば、SPF20・PA++くらいで良いかと思います。

アウトドアなどのシーンでは
SPFやPA値が高いのがオススメですが
数値が高いものは肌への負担も高いので注意も必要です。

季節やお出かけの場所に合わせて
日焼け止めの数値を変えたりして
肌老化を早める紫外線からお肌を守りましょう!


▼美肌!肌質改善コース(6月・7月・8月限定メニュー)
http://blog.livedoor.jp/chaleur2010/archives/2276645.html

この記事を書いたプロ

中井紗央理

中井紗央理(なかいさおり)

中井紗央理プロのその他のコンテンツ

Share

中井紗央理のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-20
facebook
Facebook

中井紗央理プロのその他のコンテンツ