まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
越宗玉恵

手作りアクセサリーを作るワクワク感を貴方に贈るプロ

越宗玉恵(こしむねたまえ)

アトリエ ベルジェ

コラム

アブリルの糸を使った木玉にブレードを巻くタッセル

タッセル

2016年7月26日 / 2017年3月18日更新


タッセルってカーテンの房飾りに使われますが、バッグ売り場でも大活躍です。
ブランド物のバッグでも豪華なものがついてたりしますよね。
一つつけると無地の地味なバッグが一瞬で高級なバッグに変身します。
一つ作ってみてはいかがでしょうか?
バッグの色にあわせて、バッグの雰囲気にあわせて。、
手作りバッグに一味加えると既製品のような豪華さに大変身間違いなしです。
夏はさわやかに、秋はシックに茶系で、冬は黒でシャープに。
タッセルの講習をしました。お好きな色でお好みに飾ってもらいました。

タッセルの上の芯のボールと上に巻いたブレードです。
ボールに両面テープをはり、ブレードを巻いていきます。
ブレードの色はお好みでしましたが、房とのなじみがいい色を選ぶといいでしょう。


房になる部分を完成予定の長さの倍に切り中央をワイヤーでねじりボールの穴に通し上に持ち上げ
ビューテイーパール、座金を通しメガネ止めをします。

房の中にアブリルの糸を入れると表情が変わり可愛くなりますよね。
アブリルの糸は引き寄せ糸となっているのでほしい糸だけ選んでもいいでしょう。
またボールと房の間に垂らしてもいいでしょう。


房とボールの間のつなぎ目にチュールや代わり糸を垂らすとまた豪華に繊細な感じが増します。
いかがでしょう?
作ってみたくなりませんか?

この記事を書いたプロ

越宗玉恵

越宗玉恵(こしむねたまえ)

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ

Share

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ