まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

相槌の由来

2012年5月1日

 本日は午前中、建設業許可申請のご相談を、午後は、国籍帰化許可申請に関するご相談をお受けいたします。

 今日は、田中信生先生の言葉のご紹介です。

 人間関係が格段に改善されたというAさんに、そのコツを伺いました。
 会話の中で、「相づちを打つこと」とそのコツを語られる前に、Aさんの絶妙な相づちに気がつきました。
 「どうしてそのように鍛錬された相づちを打つことができるのですか」とお尋ねすると、このようなことを教えてくださいました。
 「『相づち』の語源は、鉄などの金属を熱して打ち叩く『鍛冶』の作業で、師匠と弟子とが、息を合わせて交互に槌を打つことから来ています」と語られました。相手のことを思いやりながら、槌を打たなければ、名刀は生まれません。人間関係も同じです。ぼんやりと、何となくではなく、まさに鉄を打ち合うような思いで、相手の話を聴く真摯な姿勢こそ、豊かな関係を生み出していきます。
 お話を聞きながら、Aさんご自身が心して練習し、鍛錬したことから生まれていることが、こちら側にも十分に伝わってきました。
 内なる自分への相づち、そして、他者への相づちを、今日も、心して鍛錬していきたいものです。あなたの人間関係がさらに豊かなものになっていきますから。


この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ