まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
弘瀨美加

高齢者に安心・安全な暮らしを届ける住環境サポーター

弘瀨美加(ひろせみか)

comfy living

お電話での
お問い合わせ
080-5653-8424

弘瀨美加プロのコラム一覧

先週、認知症サポーター養成講座を2つの地域で、それぞれの地域包括支援センターと所属団体とで開催しました。どちらの地域も参加した受講者様は、熱心に講座に耳を傾け、認知症についての学びを深めて下さいました。この2つの講座で誕生した認知症サポーターの皆さまとオレンジリングの...

先日、日頃、お世話になっている方が開催されたイベントに参加してきました。そこで、その方にご紹介いただいた方から聞いたのが、タイトルの『健幸華齢』(けんこうかれい)という言葉。私が、シニアの方に家の中を整え直す事で、そうなって欲しいと願っていることでした。『《健幸華齢》...

オレンジカフェ向けに3度ほど開催してきた認知症を患ってらっしゃる方や、そのご家族向けに認知症を患ってらしても、自立した生活が少しでも長く出来る様に自分が介護をしている時にしていた住まいの工夫などをご紹介するセミナーをどこからか耳に入れて下さって、『認知症を患ってらっ...

雑記

2018-12-07

画像出典:ぼけますから、よろしくお願いします。公式サイト予告編を観て、どうしても観たかった映画を観てきました。監督、撮影、語りの一人娘の信友直子さんが、両親の1200日を追い続けたドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』認知症を患ったお母さんの葛藤す...

地域包括支援センターが月に一度開催するシニア向けの講座で、講師を務めさせていただきました。この講座は10月から始まっていて、私は3番目ということで、いつもより緊張しましたが、最近では、男性の受講者様も増え、少しすつではあるけれど、住環境を整え直すことの必要性も広まって...

先日、シニア団体の地域課題を話し合う場にお招きいただきました。今回のテーマは、『高齢者の閉じこもり』。意見交換も盛んで、ご自分が住んでらっしゃる地域と人をとても愛されていてるんだなと感じました。最近では、高齢者の『閉じこもり』は、寝たきりでもないのに家からほとんど...

先日、あるオレンジカフェ主催で、あるある笑女隊として『漫才風セミナー』をさせていただきました。お陰さまで、カフェの中が人でいっぱいになり、その半数以上が、今回、初めて来られた方で、主催者様にも喜んでいただけました。参加して下さった方々からも、『笑うことで、頭に入りやす...

図書館に予約していた本を読める順番がやっと回ってきた。その本のタイトルは『老乱』。*『老乱』久坂部 羊・朝日新聞出版 *在宅医療を知る医師でもある著者が描く迫力満点の認知症小説。老い衰える不安をかかえる老人、介護の負担でつぶれそうな家族、二つの視点から、やっと見えてき...

ここ1週間,多方面からオファーをいただき、色んな方とお会いし、お話をうかがっていると、まだまだ、勉強不足とか、そんな風に考え方を変えれば・・・とか沢山の気づきをいただいた様に思います。皆さんが何かしら私に教えを与えて下さり、出会いに感謝な日々でした。その方達の中に...

つぶやき

2018-11-05

子の世話にならなくても、まだまだ、 一人で暮らしていける。けど… たまに 誰かとお喋りがしたくなる。 近頃は、その相手も少なくなった。かといって、 同年代のサークルには入る気がしない。 見栄やら、なんやら、 色々あって、 大勢の中に居ても 余計に 孤独を感じてしまう。 一番良い...

10月に横浜市の地域包括で、漫才風セミナーと称して、社会福祉士・FPである相方とつたない漫才を披露しました。実際の出来事をご本人の了承を基に笑いを交えて、モノやお金、心の整理の必要性に気づいていただきたいとこの様の事をはじめたのですが、沢山の方にご参加いただき、『もっ...

デイサービスに通われているお客様から良く聞く言葉。『自分の家がいい』デイサービスに行っているのは、自分が家に居る事で、家族に負担をかけるから、『少しの時間だけでも・・・。』という思いからと言う方が多いです。自分の家ではないので、色んな方が居て、自分の思いとは違う...

つぶやき

2018-10-22

夫婦だから『自分がやるしかない』と覚悟を決めて妻への愛情を基に新たな勤めと家事をする いくらしても苦手な料理 見た目は悪いが野菜たっぷりな男飯は これまでの感謝の気持ちも たっぷりと入れてある#高齢者#整理収納#自立支援#介護予防#健康寿命#活動寿命#アクティブ#シニ...

沢山のモノを持っているシニアの方。『家の中のモノを整理しなければいけない』という気持ちは持ってらっしゃいますが、実際にモノの仕分けをすると、何年も押し入れや天袋の奥の方で眠っていたモノであっても『これは、子や孫が来た時にあげる。』『何年かしたら、また、使う。』『良い...

つぶやき

2018-10-15

お気に入りの絵を飾ってもらった。 視界に彩りが加わった。 不安やもどかしさで イライラが募り暗くなった心にも色を加えてくれたよう。 #高齢者の整理収納 #シニア#アクティブ#健康寿命#自立支援#活動寿命#うつ#お気に入り#絵#飾る#視界#介護予防

弘瀨美加プロのその他のコンテンツ

Share

弘瀨美加のソーシャルメディア

instagram
comfy_living
facebook
Facebook