まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
杉下大幸

設計と施工の技術を併せ持つ建築のプロ

杉下大幸(すぎしたひろゆき)

杉下工務所

お電話での
お問い合わせ
019-638-0415

コラム

建物が小さいと、なぜ坪単価が上がる?

建築のお話し

2014年10月30日

 先日のことですが、このようなことを聞かれたことがありました。
 「建物が小さくなると、なぜ坪単価は上がるの?」
 そこで、今回は、このことについてお話ししてみます。
 坪単価、つまり、建物1坪当たりの建築費な訳ですが、延床面積が小さくなれば、使用される建築材料が減って、当然、本体価格も下がるので、坪単価としては変わらないのではないか?と思いますが、実際は、坪単価が上がります。なぜか?いろいろ理由があるのですが、ここでは、分かりやすい大きな2つの理由をお話したいと思います。
 理由ひとつ目、住宅設備費。キッチンやユニットバス、トイレといった住宅設備費は、建築費に占める割合も多く、これらは床面積が小さくなったからといって、比例して数が減るわけではありませんので、自然と坪単価が上がります。
 そして、理由ふたつ目、使用する建築材料の量。床面積が小さくなれば、それに比例して使用する建築材料も減るような気もしますが、そうではないということ。例えば、四角い家(単純に箱のような形状)があったとします。家のかどに柱が4本、その柱の頭をつなぐため、はり材が4本、柱の足元をつなぐ土台4本。これで、四角い家の形になりました。これを倍の床面積(長方形)に広げたとします(横に増築したようなイメージ)、そうするためには、かどになる柱を2本追加、はり材3本追加、土台材3本追加します。これで、倍床面積の家になるのですが、使用された材料をみると、比例して倍になっては
いません。また、外壁を張ったところを想像してみてください。全く比例した量にはなっていないことが分かります。
 つまり、
「家が大きくなると、坪単価は下がる ↔ 家が小さくなると、坪単価は上がる」
という関係な訳です。

 宣伝広告などで「坪単価○○万円!~」という表現がありますが、そもそも、いったい何坪の家を基準にしているのか、そこが重要なポイントです・・・。

この記事を書いたプロ

杉下大幸

杉下大幸(すぎしたひろゆき)

関連するコラム

杉下大幸プロのその他のコンテンツ

Share

杉下大幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
019-638-0415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉下大幸

杉下工務所

担当杉下大幸(すぎしたひろゆき)

地図・アクセス

杉下大幸プロのその他のコンテンツ