まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岩手
田中広江

保険の知識を活かした無駄のない人生設計のプロ

田中広江(たなかひろえ)

田中広江FP事務所

コラム

金利が上がると貯蓄が増える、積立利率変動型保険の仕組み

お金を貯める貯蓄型保険

2016年1月14日 / 2016年1月19日更新

従来の定額保険に変わるさまざまなタイプの保険のうち、近年では積立利率変動型保険が注目を集めています。

なぜならこの種の保険は、受け取れる保険金および解約返戻金が(程度の差こそあれ)金利とともに実質徐々に増加していくからです。「そんなこと可能なの?」と思われる前に、そもそもなぜそのようなことが可能なのか、利率変動型保険の特徴はどこにあるのかについて一緒に見ていきましょう。

「変動」する金利つまり利率分を積み立てる貯蓄型の保険


生命保険というのは、「お金をお預かりする」という点では銀行と同じで、銀行の場合は元金に利息をつけてお返しするのに対し、生命保険の場合は保険金という形で支払がなされます。

銀行の利息に相当する部分を保険金や解約返戻金として上乗せするというのが、積立利率変動型保険と呼ばれるタイプの保険です。

銀行にお金を預けると元金が保証されるのと同様、このタイプの保険では保険金額また解約返戻金が最低限保証されており、保険会社の運用実績によって保険金額および解約返戻金の利率がいったん増加するとその後減ることがありません(増加分を保証するため、このタイプの保険の資産は通常、保険会社により独立の管理運用が行われています)。

この積立利率は毎月見直され、その利率が最低保証利率を上回れば死亡保険金額や解約返戻金の利率が都度増加するという、資産また投資としての側面の強い貯蓄型の生命保険であるといえるでしょう。

解約の時さえ解約返戻金が目減りしない「貯蓄」としての保険


保険の解約が期限前であった場合に、解約返戻金が大幅に目減りするという従来タイプの保険は、金融商材として保険を見た場合に「非常に不利である」と感じる方がこれまで少なくありませんでした。

銀行の定期預金の中途解約による利息の目減りが妥当な範囲に抑えられているのに似て、積立利率変動型保険であれば、中途解約でも解約返戻金がとたんに目減りするということは全くなく、やむを得ず期限前に解約した場合でも、相応の額の解約返戻金が支払われます。

最近では、月々の積立金をさらに安価に抑えたいというニーズに合わせた低解約返戻金型の積立利率変動型保険もあり、運用可能な資産の大小に関わりなく、実質的に目減りすることのない貯蓄として、保険への加入を検討中の人たちへの朗報となっています。

このタイプの保険は商材の内容が絶えず変化しているため、専門家と共に複数商材を十分に比較検討するのが得策です。

この記事を書いたプロ

田中広江

田中広江(たなかひろえ)

田中広江プロのその他のコンテンツ

Share

田中広江プロのその他のコンテンツ