まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(もとやまなっきーなおと)

川口音楽スタジオ モンキーダンス

お電話での
お問い合わせ
048-256-2839

コラム

「ミックスボイス~超ハイトーン発声方法①」

ボーカルトレーング

2014年12月6日

おはようございます!

おまたせいたしました!今日は業界からも大注目の

「ミックスボイス~超ハイトーン発声方法①」




さっそくですが
まずは今日のプレゼント動画です。

【今日の動画プレゼント】

youtubeの再生はコチラから



これをみながら文章を
参考にして下さい。

開始0:40まで僕の紹介になりますので
どうぞとばしてご覧下さい。

もの凄く濃い内容で
動画時間は20分あります。

ですので1日でやろうとしないで
1週間かけて毎日少しずつ会得して下さい。

20分の動画ですが実際のレッスンでは
(もちろんその方によるのですが)
だいたい6時間位の内容を一気に入れてます。

あせらずボイトレしてくださいね。







では解説です。

【リップロールとタングトリル】

リップロール⇒唇を合わせた状態で
息をはいて震わせ発声します。

タングトリル⇒舌を震わせて息をはいて震わせ発声します。

リップロールとタングトリルの効果としては
まず第1に息の送り方がわかるという事です。

また

*ウォーミングアップに最適。
*リラックス効果。
*裏声に自然と切り替えができる。
*低音と高音で息がぶれなくなる。
*ピッチが正しく取れるようになる。
*喉を開いた発声をくせつける

と色々あり世界中のボイトレで
実行されている技術です。

リップロールのしかたは

唇を閉じた状態で、唇の力を抜く。その状態で息を吹く

うまくできない場合、唇を濡らしてみたり
指で唇を左右に引っ張ってみたり、
寄せたりしてみてください。

タングトリルのしかたは
「ル」を発声するような状態で舌を上顎に触れるような
感じで置き舌を震わせる。。と文章にするとこうなります。


リップロール タングトリルともに
振動が止まらないように、息の量を一定に調節してください。
オモテ声から裏声高音あたりまで、1オクターブかえて
練習して下さい。



【ミックスボイス用のハミング】

「あ」の口形にして舌の力を抜いて
舌を上顎後方部(軟口手前)にあてる

息を軟口蓋に向かって発声します。



頭蓋骨に共鳴(イでやると共鳴を感じやすい)

高音をよりクリアに、キレイにする発声するには
頭蓋骨(感覚としては耳の奥)を震わせる
イメージが必要です。

1軟口蓋に息を送る
2口や舌で音を作らない
3アニメキャラをイメージ


【強いハミングから咽喉をひらく】

息は軟口蓋にあてて下さい。

頭の上から声が出ているイメージをして下さい。



【自然とオモテ声と裏声が切り替わる部分】⇒喚声点
(この喚声点の位置は人によって違う)



次回もお楽しみにっ!


いやあ、友人の音楽プロデューサー連中からは

「ナッキーさん、こんなの無料であげて
本当にいいの?大丈夫!?」

との声をいただいております。

「いいんです!」(モノマネ風で。。)


あなたは大切な【僕の生徒さん】です。


仲間です。

仲間には情報をシェアします。
与えます。

心から成功してほしいしHAPPYでいてほしいと
本気で思っております。祈っております。

この記事を書いたプロ

本山nackeyナオト

本山nackeyナオト(もとやまなっきーなおと)

本山nackeyナオトプロのその他のコンテンツ

Share