マイベストプロ大阪

[特許・商標・知財]の専門家・プロ …3

大阪府の特許・商標・知財の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「特許・商標・知財」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

大阪府×特許・商標・知財

フリーワードで絞込み

1~3人を表示 / 全3

外山弘

このプロの一番の強み
会社の経営権を盤石にした上で,円滑な事業の継承を目指します

[大阪府/特許・商標・知財]

企業の相続、事業継承を安心して任せられる弁護士

 企業の経営権を巡る争いといえば、名前の通った企業のお家騒動の報道も伝えられていますが、規模を問わず、こじれて長引いていることが多いようです。 数多くの経営権の争いを扱ってきた弁護士の外山弘さんに...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士、 弁理士
専門分野
法律事務所
会社/店名
外山法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区西天満4-11-22  阪神神明ビル3F

内田誠

このプロの一番の強み
技術と法律の観点でクライアントが本当に納得できる解決に導く。

[大阪府/特許・商標・知財]

技術論を法律論に昇華させながら問題解決

 iCraft法律事務所の内田誠さんは、知的財産権とIT分野における「技術×法律」を得意とした数少ない理系の弁護士です。ソフトウェア開発の実務やIT用語、技術的専門用語、プログラミングも理解できることから、顧...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士、 弁理士
専門分野
● 知的財産権(特許権,著作権,商標権,不正競争防止法,意匠権等)● AIビジネス● データ取引,デー...
会社/店名
iCraft法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区東天満2-9-1  若杉センタービル本館8F

安武健司

このプロの一番の強み
知財に関して一部上場企業での長年の豊富な経験を基に助言します

[大阪府/特許・商標・知財]

「知的財産」をわかりやすく解説

 特許、実用新案、商標等の「知的財産」って、少し敷居が高くて難しいものだと思いがち。そんな企業人や個人に対し、技術者としての経験を生かし、ノウハウをアドバイスできるのが安武健司さんです。 シャープ...取材記事の続きを見る≫

専門分野
知的財産権および技術開発(デバイス関連、電気製品等)のコンサルタント
会社/店名
アステロイドリサーチ(株)
所在地
大阪府大阪市西区江戸堀1-1-11  大同生命ビル東館

この分野の専門家が書いたコラム

<開催報告>【女性起業家のための商標入門セミナーを開催しました】

<開催報告>【女性起業家のための商標入門セミナーを開催しました】

2017-10-23

10/17(火)に奈良のWFCで「女性起業家のための商標入門セミナー」を開催しました。 本セミナーでは、「そもそも商標とは何か?」、「商標を取得しないとどのようなリスクがあるのか?」、「商標を取得するための方法と...

<リマインド>【10/17「女性起業家のための商標入門セミナー」を奈良のWFCで開催します】

<リマインド>【10/17「女性起業家のための商標入門セミナー」を奈良のWFCで開催します】

2017-10-16

WFC主催の商標入門セミナーの開催が、明日10/17(火)に迫りました。 奈良では初開催です。 まだお席に余裕がありますので、興味のある方はぜひ聴きに来てください。 詳しくはこちらを。

<開催報告>【日本機械学会の計算力学講演会CMD2017で論文を発表しました】

<開催報告>【日本機械学会の計算力学講演会CMD2017で論文を発表しました】

2017-09-27

2017年9月16日に日本機械学会主催の計算力学講演会CMD2017のフォーラムにおいて、下記の表題の論文を発表しました。 CAE分野の人工知能に関する国内出願状況を分析し、”日本のモノづくり”の今後の方向性につ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

リツイートしただけで権利侵害に? ツイッター投稿画像の自動トリミングを巡る判決が話題に。今後ユーザが気を付けるべき点とは

リツイートしただけで権利侵害に? ツイッター投稿画像の自動トリミングを巡る判決が話題に。今後ユーザが気を付けるべき点とは

2020-08-27

ツイッターのタイムライン上で発生する「画像の自動トリミング」を巡る判決が、ネットユーザの間で注目されています。今後ユーザが気をつけるべきポイントついて、知的財産権とIT分野に精通する、弁護士の内田誠さんに聞きました。

8Kテレビ共同開発参画企業にシャープの名前がないわけは?

8Kテレビ共同開発参画企業にシャープの名前がないわけは?

2016-09-02

パナソニックやソニー、NHKが共同で次世代放送規格の8Kに対応したテレビ技術を2020年目途で開発するという報道にシャープの名前はありませんでした。その理由と日本の製造業が今後進むべき道について解説します。

他の地域から特許・商標・知財の専門家を探す