マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 遺産相続争いに備える正しい「遺言」の書き方

遺産相続争いに備える正しい「遺言」の書き方

カテゴリ:
法律関連
キーワード:
相続税

欧米では相続時、遺言を書くのは常識

c7d9631041f0a6e1326b0e177204fce2_m

「え!?遺言書いてなかったの?」
アメリカやヨーロッパで相続の時、遺言がないと遺族はこう言って驚くでしょう。欧米では半数以上の人が遺言書を作成しています。

日本でも最近は遺言書の作成が増えてきましたが、まだ数%。誰もが残された家族に争ってほしくないと思っているのに、残された家族が争わないために具体的な行動される方はごくわずかです。

日本でも変化しつつある相続に対する考え方

しかし、高齢化社会が進む日本において、遺産相続問題は社会問題化しつつあり、テレビでの特集やドラマのテーマに取り上げられたりすることで、意識する人は増えてきています。

平成26年度の公正証書遺言の作成件数はついに10万件を超えました。
最近は「終活」や「エンディングノート」がブームとなり、日本人の「相続」に対する考え方が変わってきたなぁ~と感じています。
10年前は相続の話をすると「俺の死んだ後のことなんか知らん!」と一蹴されることも多かったのですが・・・。

公正証書遺言のほうが遺言としては安全

遺言には自筆証書遺言と公正証書遺言があります。
自筆証書遺言は自筆で書いた遺言を封筒に入れ、自分で保管する遺言。公正証書遺言は公証人に遺言を作成してもらい公証人役場等で保管する遺言です。
どちらも効力は同じですが、信頼性が担保され、確実に実行されるという安心感が公正証書遺言にはあります。

特に、同居している親族がいる場合や、特定の人に財産を多く残したいという場合には公正証書遺言の方がいいでしょう。
自筆証書遺言だと後で「書かしただろ!」という話になりかねないからです。
公正証書遺言を書くにはそれなりの手間と費用がかかります。
しかし、遺言のおかげで家族が争わずに済むなら万金の価値があるのではないでしょうか。

遺言でもめないための5つのポイント

遺言を残すときに注意する点がいくつかあります。これらを忘れるとやはりトラブルの元になりかねませんから気をつけてください。

①相続税の事も考える
相続税は誰がどのような財産を取得するかで大きく税額が変わってしまいます。
例えば配偶者。配偶者が相続すべき財産は2次相続の事も考えて決めなければなりません。
私は、配偶者が相続すべき財産として「現預金」や「家屋」をおススメしています。
「現預金」はその後の生活費で使いますし、相続対策がしやすい。「家屋」は持っているだけで減価するため自然発生的に節税できるからです。
そのような、将来の相続税の事も考えて遺言を書かないと無駄な税金を払うはめになるかもしれません。

②先に相続人が死亡した場合は?
高齢の方が遺言を書く場合、自分よりも先に相続人が亡くなるというケースも考えられます。そうなるとその部分は無効になってしまいますので、まさかのケースも想定した遺言が必要です。

③財産漏れがないように注意する
「○○銀行△△支店は長男に・・・」とひとつひとつの財産を指定する方がおられますが、個別に書くと自分でも気付かない財産が漏れているもの・・・「現預金の半分は長男に」「上記以外の財産は妻に」などの表現なら財産漏れを防止できます。

④遺留分は大丈夫?
「全ての財産を長男に」という遺言だと、二男や長女が長男を相手に「遺留分の減殺請求」の訴訟を起こす可能性があります。
遺留分とは相続人に最低限認められた権利の事、遺言がむしろ争いの種とならないように配慮しましょう。

⑤付言は最後のメッセージ
「このような遺言にしたのは、長男が最後まで親身になって介護してくれたことを考慮しました」など、何故そのような遺言にしたのか、「今まで本当に有難う、この遺言をもとに皆さんが争わず、幸せに暮らしていってくれることを願っています」など、最後のメッセージを伝えるのが付言です。

遺族が争うのは感情面も大きなきな要因です。付言は必ず書きましょう。

松岡敏行

相続の専門家

松岡敏行さん(税理士法人 松岡会計事務所)

Share

関連するその他の記事

プロレスラー木村花さん急逝 SNSの誹謗中傷に対して法的にできることとは

女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで、5月23日に死去したことをきっかけに、ネット上での中傷が大きな議論を呼んでいます。法的に対処できることとは。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

4月1日施行された「配偶者居住権」とは? 相続税が激変する法律がスタート。手続きなど

2020年4月1日から、改正の柱の一つである「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」がスタート。「配偶者居住権」とはどのような権利なのでしょうか。相続について知っておきたいポイントを、弁護士の滝口耕司さんに聞きました。

滝口耕司

滝口耕司さん

遺産相続の問題をあらゆる観点から解決に導くプロ

あってもなくてもトラブル生む遺言書、作成時の心構えを学ぶ

相続税の課税基準が改正され相続への関心が高まっている。円満、円滑な相続に有効と言われる遺言書だが「残さないことでトラブル」「残すことでもトラブル」の両面を併せ持つ厄介な代物でもある。専門家が解説。

寺田淳

寺田淳さん

シニア世代が直面する仕事と家庭の問題解決をサポートする行政書士

遺言あれば揉めない?相続対策に万全を期すには

相続税が改正された。「遺言」を残すことが相続対策として最も効果が大きいが、「付言事項」や「エンディングノート」を活用して思いを残すことが「争族」防止に。親と子が時間を共有することから始めることが大切。

山口里美

山口里美さん

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す