まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり・まちづくり・未来づくりプロジェクト ハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

コラム

マナーうんちく話1109《名前が思い出せない知人に出会った。どうする?》

夫婦別姓を認めない規定を最高裁は「合憲」と判断しましたね。
結婚したら夫の姓を選択する夫婦が日本では圧倒的に多いわけですが、諸外国の様子はかなり異なるようです。

昔人間の私は夫婦同姓に共感を覚えるのですが、夫婦の姓の在り方に問題意識を持つ人が多いのも事実です。慎重に検討を重ねる必要がありそうです。

ところで、人の名前が思い出せなくて困った事はありませんか?
ひと年重ねると「物覚え」が悪くなります。
特に人の名前が覚えにくくなります。

加えて、「物忘れ」がひどくなります。
以前仕事上で知り合った人の名前が、思いだせないケースが多いような気がしてなりません。

顔は良くわかっているけど、名前が出てこない知人に出会う機会は多々あります。「平松さんだったか、平井さんか、それとも平川さんか・・・。」

直ぐにそれらしい名前が浮かんでくれば、まだ救いの道はあるのですが、問題は、それらしい名前が全く思い出せない場合です。

では、質問です。

全く名前が思い出せない知人に久しぶりに出会って、相手が「やー今日は、お久しぶりです。お元気ですか?」等と親しげに話しかけてきたらどうしますか?

正直に「相手の名前を尋ねるか?」、「相手の名前を思い出せないまま話を合わすか?」のどちらかではないでしょうか?

お勧めは、「今日は、お久しぶりです。○○ホテルでお世話になりました平松です。」と、先ずは先に自分の名前を名乗るようにして下さい。

特に同じくらいの年齢でしたら、こちらが忘れていたら、相手も忘れている可能性は大いにあります。

そこで先にこちらが名乗れば、相手も自然に名乗ってくれるという期待です。
相手の名前が解れば、後はとても気分的に楽になり、コミュニケーションのきっかけが大幅に膨らみます。

自己紹介の目的は「自分はこのような人間です」と言うことを、相手に知ってもらうためで、主に初対面の人に対して行いますが、時が立てば、再度の自己紹介もありうるということですね。

このような場合は、基本的な情報、つまり名前、住所、勤務先等をなのればいいでしょう。

それでも相手が名乗ってくれない時には、素直に名前を伺えばいいと思います。

「申し訳ありません。歳を重ねたせいか、最近物忘れがひどくて、お名前は・・・」等と切り出せばいいでしょう。

相手の名前を忘れるということは、相手に対して失礼なことです。
コミュニケーションの基本中の基本を忘れるということですから、相手に対して関心が無いということにもつながります。
加えて、自分にとってもマイナスになるでしょう。

しかし忘れてしまったら仕方ありません。
一番のお勧めは「先手必勝の再度自己紹介」ですが、ビジネスの場合でしたら「お久しぶりです。名刺が変わりましたので、再度お渡しいたします」と言って、名刺交換を提案するのもいいでしょう。

いずれにせよ、名前が解らないままあやふやな状態での会話は、思わぬリスクを伴います。
くれぐれもご注意くださいね。

この記事を書いたプロ

平松幹夫

平松幹夫(ひらまつみきお)

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share

平松幹夫のソーシャルメディア

google-plus
Google+