まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

平松幹夫プロのコラム一覧:親に身につけていただきたいマナー

晩夏から初秋にかけては朝顔が美しく咲き誇る時期ですが、小学校の夏休みの絵日記で朝顔を栽培した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。朝顔は奈良時代に日本に伝わり江戸時代にブームになり、盛んに品種改良がおこなわれた、なじみの深い花です。家族そろって家庭で鑑賞した時代が懐か...

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすために様々な努力をされていると思います。但し本末転倒にならないでくださいね。テーブルマナーに関する講演をよく依頼されます。料理教室等に伺う機会もありますが、いつも不...

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発生していたことが解りました。内容は全体の6割以上を占める「冷やかしや悪口」が最も多く、パソコンや携帯電話での誹謗・中傷は4%くらいであったとか。つい先日も原発事故...

家族の間で学習し発揮して頂きたいマナーは、地域や学校や職場でも通じる基本的なマナーです。そして基本的マナーで特に大切なことは「挨拶」ですが、人は皆こどもの頃に家庭で挨拶の仕方を覚えます。●基本的なマナーは家庭で身に付くものです。挨拶はコミュニケーションの基本中の基本で...

あなたにとって家庭とは何を意味しますか?様々な思いがあると思います。例えば、家庭は「自分を受け入れてくれる場所」「親子の団らんがある場所」「かけがえのない唯一の場所」等など・・・。人は社会生活を営みますが、社会の最小単位は個人ではなく家庭です。そして家族が生活を共...

今まで「報・連・相(ホウレンソウ)」に触れてきましたが、今回は野菜の「ホウレンソウとポパイ」のお話しです。ホウレンソウは「冬葉」の別名を持ち、冬野菜の代表格ですが、我が家の畑では今も元気に育っています。だから旬が殆ど解りません。但しホウレンソウの旬は11月頃から1月頃だと...

久々に冬将軍がやってきたようですが、今年はこれを最後にして頂きたいものですね。ちなみに、シベリアからやってくる寒気団の事を「冬将軍」と呼んでいますが、これは今から約200年前、ナポレオンが率いるフランス軍が、シベリアを責める際、あまりの寒さのため退却を余儀なくされたので、厳し...

子どもの注意の仕方は、上から目線ではなく子どもの立場でするのがいいでしょう。そしてタイミングがとても大切です。つまり、子どもが悪さをしたら「間髪いれず」に注意すると言うことです。叱ると言うより、諭すと言う言い方もいいかもしれません。小さい子どもは大人の権限「良い事は...

約1400年前に、「白銀も小金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」と山上億良が詠んでいるように、古来より日本人は子どもを非常に大切にしてきました。明治新政府も教育には大変力を入れ、そのお陰で日本の義務教育は世界でも最高水準に達しています。そして子どもの成長を祝う儀式も非...

最近、国や県や市町村の重要政策の一つとして「子育て」が大きな話題を呼んでいます。「子育てするなら○○市」というキャッチフレーズをよく見かけますね。高齢者が増える一方で、子どもが少なくなり、人口が減少している現状からすれば、まさに的を射た政策でしょう。そのあおりを受けて...

躾という漢字は「身」と「美」の漢字から成り立ちますが、「身」は心と身体の意味です。つまり親は子どもを、心も身体も美しく育てることが大切なわけですが、そのような視点に立つと、先ず親が率先しなければいけないことが多々あります。子どもをしつける際には、次の様な事を心掛けて下...

「末は博士か大臣か」の時代から、将来「思いやりのある子」に育てたいと希望する親が急増しています。物質的な豊かさが実現したせいでしょう・・・。しかし現実は意に反し、いじめ、不登校、暴力、虚弱体質・アレルギー、ストレス等など子どもにとって、精神的にも肉体的にも深刻な問題が浮...

日が暮れるのが早くなった気がしませんか?9月は、次第に夜が長くなるから、「長月」と言われます。そして9月1日は一年のスタートである立春から数えて210目。「二百十日」は台風がやってくる日とされ、非常に恐れられた「雑節」の一つです。まだ気象予報などと言う概念が無かった...

【いじめとは】早速ですが、「いじめ」とは何でしょうか?最近の傾向を見ていると良く解りますが、立場や経済力や体力の強い者が、弱い者を攻撃することではないでしょうか。就職して経験する「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」等などはまさにこれですが、最近では就活中にも起こっ...

昨日とは打って変わり朝から青空が広がる爽やかな日になりました。5月5日は「こどもの日」で「端午の節句」でもあります。鯉のぼりが威勢よく大空を泳いでいますが、このコラムでも何度も取り上げましたが、鯉のぼりは江戸時代から続く初夏の風物詩です。「地方創生」が旬の話題になる...

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share

平松幹夫のソーシャルメディア

google-plus
Google+