まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり・まちづくり・未来づくりプロジェクト ハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

平松幹夫プロのコラム一覧:人間関係を良好にするマナー

称賛やお世辞は少し難しいと思いますが、すでに触れた「先手必勝の挨拶」や「聞き上手」になれれば自然に身についてくるでしょう。難しいということは効果が大きいということにつながるスキルだと思います。ただし、「ほめる」ということは、単なる小手先のテクニックではありません。根底にあ...

職場に限らず、良好な人間関係を築き買ったら、先ずは相手の話をしっかり聴いて、それを理解して、尊重して下さい。職場であれば、上司や先輩、同僚もそうですが、お客様に対しては特に聞き上手になることが大切です。つまり「聞き役」に徹することがとても大切です。くれぐれも「話し上手の聴...

「見た目」は相手に好感を与える意味においてとても大切です。清潔感の漂う身だしなみを心掛けて下さい。ちなみに《ファッション》は自分目線、《身嗜み》は相手目線です。特にビジネスマンにとっての《第一印象》は重要だと心得て下さい。また「服装は人を作る」ともいわれます。堅苦しく...

「小さい秋」を実感する機会が増えてきましたね。装い、食べ物、自然の風景などなど・・・。秋の語源の一つに、穀物などが実りの季節を迎え、食べ物が飽きるくらい市場に出回るので「飽きる」が「秋」になったという有力な説があります。「食欲の秋」といわれますが、恐らくこのような語源から...

出来ているようで、できてなく、しかも簡単なようで、意外に難しいのが、何か世話になれば「ありがとう」の言葉を気持ちよく発せられるかどうかです。例えばコンビニで買い物をしたとき、コンビニの店員は品物を渡すときに笑顔で「ありがとうございました」といってくれます。これに対し買い物...

【先手必勝の挨拶】交流の第一歩は挨拶です。ちなみに挨拶の目的は「相手の存在を確認した」という意味があります。そして「相手と仲良くしたいという気持ちを具体的に表現すること」です。だからされるのを待つのではなく、「先手必勝」の挨拶を心掛けて下さい。ちなみに「先手必勝」とは...

世界屈指の長寿の人生を心豊かに生きていくには、「愛する人」と「仕事」に恵まれることはとても大切です。両方が叶えば鬼に金棒ですが、ここでは仕事上の人間関係がテーマです。職場で出世したいとか、やりたい仕事に就きたい人は多いと思います。さらに仕事で多額の金を稼ぎたいと願う人も珍...

「鉄は熱いうちに打て」といわれますが、理想は幼い頃より家庭環境に恵まれることだと痛感しています。だから私が主催する研修会やマナーやコミュニケーション講座は、食事のマナーにエネルギーを注ぐわけです。特に《食卓から発信するハッピーライフストーリー》の講話は、家族団らんの食卓作...

33年間ホテルの現場第一線で、接客の仕事に携わった経験を有効に生かしたいという思いで「マナー講師」の道を新たに選びましたが、そのせいで接遇に関する研修依頼を今でも多く依頼されます。深謝いたすところですが、それだけ病院でも、介護施設でも、販売部門でも、公的機関でも、各種団体内で...

昔の家庭はとにかく貧しかった記憶があります。戦争に負けたのだから仕方ないといえばそうですが、日本の家庭は戦前も決して裕福ではなかったようです。しかし貧しくてもどこの家庭も子供がたくさんいました。そして「貧乏人の子沢山」という言葉もありました。貧しい人は外に出て遊ぶことも...

地域交流を前向きに行うには、地域に精通することがとても大切です。広報誌や回覧板に目を通すことはもちろんですが、目の前の地域の行事に参加し、多くの人と直接触れ合うことが大切です。特に地域の運動会や盆踊りや祭りなどのイベントは、子どもから高齢者までいろいろな人が参加するので、よ...

地域とは、私たちが日常生活している場であり、交流と助け合いの場だと心得て下さい。以前は町内会や「向こう3軒両隣」という言葉に象徴されるように、「お互い様社会」としてうまく機能していたわけですが、次第に地域活動や町内会への関心度が薄れ、共同社会としての意味が希薄になってきた感が...

結婚1周年は「紙婚式」ですが、まだこの時期は大半の夫婦は熱い関係が多いと思います。ヨーロッパではウエディングケーキの頭頂部を夫婦が家に持ち帰り、変質しないように冷蔵庫で保管し、それを紙婚式で食べる習慣があります。ちなみにウエディングケーキの2段目は披露宴のゲストが頂き、3段目...

【夫の実家に里帰り】〇どんな服装にする?実家がどのような地域にあるか、地域性もあると思いますが、あまりラフな格好は感心しません。カジュアルでもきちんとした服装がお勧めです。里について落ち着かれたら状況に応じラフにすればいいでしょう。但し盆や正月などはいろいろな親族...

最近は周囲を見渡してもひとり暮らしの人が増えてきましたね。超高齢社会の大きな特徴は独居高齢者が多くなることですが、最近は若者の一人暮らしも珍しくなくなりました。また家族でも圧倒的に核家族が多くなりました。ちなみに「核家族」とは、社会における家族の形態の一つで夫婦のみの...

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share

平松幹夫のソーシャルメディア

google-plus
Google+