まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

平松幹夫プロのコラム一覧:贈答のマナー

梅雨時の風物詩といえば紫陽花ですが、この時期は合歓の花が旬を迎えています。夫婦が共寝する姿によく似ているので「合歓の木」と名付けられたようですが、夕方になって咲くピンク色の花はとても幻想的です。蒸し暑い夕方に、合歓の花が風に吹かれている様子を見れば心が和みます。とこ...

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し方、さらに「つまらないものですが・・・」などと述べる口上。そして「包装紙」でしょう。西洋のリボンに比較して、日本の贈答には慶事と弔事独特の水引や熨斗があります。...

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射止めた小動物やクルミや栗などの木の実が主な食べ物であったと思われます。しかし子どもや高齢者は、狩りもできなければ、木の実もとることはできません。そこで元気な男が代表...

世界には、誰かが、誰かに対して、感謝や愛情の気持ちを込めて物を贈る文化が多々あります。品物を贈ったり、お返ししたりすることが「贈答」ですが、今ではギフト、プレゼント、進物ともいわれます。ちなみに「進物」とは、人に無償でさしあげる金銭や物品の総称ですが、中世までは誰が誰...

西洋は大陸続きで常に戦争の歴史を歩んできており、そんな社会環境の中で生まれたマナーは危機管理的要素が強いようです。一方平和な社会背景から生まれた日本の礼儀作法は、「思いやりの心」が中心になります。贈答を通じ、相手に対する思いやりの気持ちを、具体的に伝える文化が生まれる...

■はじめに年々日本を訪れる外国人が増加していますが、外国人が日本に来てなじめない習慣は多々あります。歴史、文化、宗教、気候風土、食べ物などが違うのですから当然といえば当然ですが、それにしても言葉や礼儀作法など、日本の文化は奥が深いから、なじめるまではかなりの時間と努力が...

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白」で慶事全般に使用されます。これにはいろいろな説があるようですが、室町時代に日本は明国と貿易をしており、祝い事の進物用に日本の役人が明に品物を発注しました。明は日...

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも多々あります。折角手間暇を掛けて品物を送っても、それが必ずしも相手が望んでいる物とか、喜んでもらえるものとは限りません。といって現金を贈れば「恵んでもらう」イメージ...

秋の彼岸が近くなってくるとめっきり涼しさが増してきます。そして食べ物が多く出回る時期ですが、秋と言えば「木の子」でしょうか?中でも「万葉集」にも登場する「山のダイヤモンド」松茸が話題になる頃でもあります。国産の松茸は値が張るので滅多に口にできませんが、匂い、味、姿には風...

秋の語源は「食べ物が飽きるほど出回るから《飽きる=秋》」になったという説が有力ですが、まさに美食の秋到来で、美味しいものが沢山お目見えする頃になりました。「アワビ」もその代表格で、和食、洋食、中国料理においても高級食材とされています。アワビは日本全国の比較的浅い岩礁に生...

世界の中で最も贈り物のやり取りが好きな日本人。平和で物が豊かで、さらに相手に対する思いやりの心の表れと解釈すれば、本当に素晴らしいことです。贈り物のポイントは、「なぜこの贈り物をするのか?」と言う理由です。それを明瞭簡潔に表現したのが「表書き」ですが、頂きものをしたら...

今が旬の花に「水引の花(水引草)」があります。上から見ると赤い小花が穂状に無数に付いており、下から見ると白い花が幾つも咲いているように見えるので、祝儀の「水引」に見立てられて、その名がつきました。日本各地で見られ、我が家の食卓にも活けていましたが、本当に地味で、どちら...

長い人生の中でも、大きな転機が多々あります。入学、入社、結婚、出産、退職、長寿など、大きな幸せを手に入れた人に、心を込めてお祝いしたいのは誰しも同じです。しかし、これらは「晴れ」の特別な事だから、何かと形にはまってしまいそうな気がします。まして知識不足だと、とかく...

3月14日は「ホワイトデー」ですね。日本の菓子業界が仕掛けた売り上げアップの巧みな戦略ですが、今ではすっかり定着し、バレンタインデーにチョコレート等を贈られたお返しに、何をプレゼントしょうか?と思い悩んでいる人も多いと思います。ちなみに、「ホワイト」には「幸運が舞い込む」とか...

手土産は、渡す方も、頂く方もそれなりのマナーが存在し、互いに素敵なマナーを発揮してこそ、手土産が生きてくるものです。前回の、「手土産の渡し方」に引き続き、今回はその「受け方」のお話しです。品物の受け渡しの時に、渡す側が品物を両手で差し出したら、頂く方も両手で丁寧に受け取り...

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share