まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

平松幹夫プロのコラム一覧

33年間ホテルの現場第一線で、接客の仕事に携わった経験を有効に生かしたいという思いで「マナー講師」の道を新たに選びましたが、そのせいで接遇に関する研修依頼を今でも多く依頼されます。深謝いたすところですが、それだけ病院でも、介護施設でも、販売部門でも、公的機関でも、各種団体内で...

昔の家庭はとにかく貧しかった記憶があります。戦争に負けたのだから仕方ないといえばそうですが、日本の家庭は戦前も決して裕福ではなかったようです。しかし貧しくてもどこの家庭も子供がたくさんいました。そして「貧乏人の子沢山」という言葉もありました。貧しい人は外に出て遊ぶことも...

地域交流を前向きに行うには、地域に精通することがとても大切です。広報誌や回覧板に目を通すことはもちろんですが、目の前の地域の行事に参加し、多くの人と直接触れ合うことが大切です。特に地域の運動会や盆踊りや祭りなどのイベントは、子どもから高齢者までいろいろな人が参加するので、よ...

地域とは、私たちが日常生活している場であり、交流と助け合いの場だと心得て下さい。以前は町内会や「向こう3軒両隣」という言葉に象徴されるように、「お互い様社会」としてうまく機能していたわけですが、次第に地域活動や町内会への関心度が薄れ、共同社会としての意味が希薄になってきた感が...

間もなくお盆ですが、お盆とはご先祖の霊をお迎えして、おもてなしをして、お見送りする一連の行事です。8月13日が月遅れのお盆の迎え火を焚く日、つまり「お盆の入り」で、16日が月遅れのお盆の送り火を焚く日、つまり「お盆の明け」です。帰省して家族や友人と一緒に過ごす人も多いことでしょ...

結婚1周年は「紙婚式」ですが、まだこの時期は大半の夫婦は熱い関係が多いと思います。ヨーロッパではウエディングケーキの頭頂部を夫婦が家に持ち帰り、変質しないように冷蔵庫で保管し、それを紙婚式で食べる習慣があります。ちなみにウエディングケーキの2段目は披露宴のゲストが頂き、3段目...

【夫の実家に里帰り】〇どんな服装にする?実家がどのような地域にあるか、地域性もあると思いますが、あまりラフな格好は感心しません。カジュアルでもきちんとした服装がお勧めです。里について落ち着かれたら状況に応じラフにすればいいでしょう。但し盆や正月などはいろいろな親族...

最近は周囲を見渡してもひとり暮らしの人が増えてきましたね。超高齢社会の大きな特徴は独居高齢者が多くなることですが、最近は若者の一人暮らしも珍しくなくなりました。また家族でも圧倒的に核家族が多くなりました。ちなみに「核家族」とは、社会における家族の形態の一つで夫婦のみの...

長年地域、職場、各種団体、施設・病院、学校等でマナー及び生きがいづくりに関する講演や研修に携わっていますが、どこでも人間関係の悩みは絶えないようです。日本は世界に誇るものが多々ありますが、往々にしてコミュニケーションは得意でないようですね。物が豊かで便利になり、コミュ...

おいとまは「タイミング」がとても大切です。訪問の際に、あらかじめ所要時間を知らせておくことが大切ですが、時間通りにはいきません。たとえ予定時間が過ぎても、先方からは切り出しにくいのが終わりの挨拶です。従ってこちらからお暇を切り出すよう心がけて下さい。予定が長引け...

他家や他社を訪問して部屋に通されたら茶菓を出される場合が多々あります。この暑さであれば、ほとんどの場合は「麦茶」が多いと思いますが、麦茶やアイスコーヒーや紅茶にケーキならあまり迷うことはありませんが、クーラーの良く効いている部屋で、和菓子に蓋つきの湯飲みが供されたら、やや...

立春、立夏、立秋、立冬の前日を「節分」、そして前の18日間のことを「土用」といいますが、今では節分とは立春の前日を言うようになりましたね。そして土用とは立秋の前18日間をさすようになりました。他の土用に比べると、極端に暑く、体力を消耗し、夏バテしやすいからでしょうか・・...

四季が明確に分かれ、その移り変りがとても美しい日本は、世界中の人が羨ましがるところです。加えて南北に細長くて、国土の7割以上を山で覆われているので、いにしえより自然と共生してきたのも大きな特徴です。計り知れないくらい自然の恩恵を受けてきたのは紛れもない事実です。しか...

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初物を好んで食し「初鰹」はその代表格ですが、初夏の「初鰹」と対比させた野菜は「初茄子」です。つまり初物の魚は「カツオ」で野菜は「ナス」だったようですが、茄子は江戸っ子に...

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛ください。汗ばむ季節になると、そうでなくとも身も心も疲れ気味になりますが、時には気分転換が必要かもしれませんね。暦の上では「蓮始開」頃です。蓮の花が初めて開く頃...

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share