マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり・まちづくり・未来づくりプロジェクト ハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

コラム一覧:歳時記のマナー

RSS

マナーうんちく話1792《「東風凍を解く」。感謝の気持ちを添えて【立春大吉】》

節分が過ぎて2月4日は「立春」。厳しい寒さの中にも春の気配が漂い始めてくる頃です。旧暦では立春が一年の始まりの日とされていたようで、「八十八夜」は立春から数えて88日目の新茶の摘み取りです。八十八...

マナーうんちく話1791《知っておきたい日本の邪気(鬼)を払う風習》

2月は1年の内で最も寒い時期で、衣服をさらに着なければいけないので「衣更着(きさらぎ)」と言いますが、春に向けて万物が始動し始める時でもあるので「如月」とも表現されます。さらに梅の花が咲き始めるの...

マナーうんちく話1790《縁起担ぎと恵方巻》

「光陰矢の如し」とか「1月はいぬる」といわれますが、月日の経過を早く感じる人も多いと思います。特に年齢が上がるにつれ、毎日の体感時間が早くなっていくのを実感しますが、如何でしょうか?常に新しいこ...

マナーうんちく話1784《物の豊かさから心の豊かさを!「旧暦」を愛して恋して②》

日本人の生活はもともと農業と漁業でしたから、四季の移り変わりと日常生活は、今では考えられないくらい密接に結びついていました。だから「和風月名」と呼ばれる、日本にふさわしい言葉が生まれたのでしょう...

マナーうんちく話1783《物の豊かさから心の豊かさを!「旧暦」を愛して恋して①》

平成最後の新年に当たり、万感を込めて暦をめくった人も多いと思いますが、新年最初に暦を用いることを「初暦」といいます。初詣、書初めなどと同じ意味です。新しい年になったからといって、急に何もかにも...

マナーうんちく話1780《「松の内」と「幕ノ内」》

古今東西常緑樹は年中緑が絶えないので縁起がいい木とされていますが、中でも日本人にとって「松」は「神を待つ木」として大変重宝されています。正月の門松にも松が使用されていますが、年神様の依り代と考え...

マナーうんちく話1779《昔はみんな正月が誕生日だった!?》

明けましておめでとうございます健やかに新年をお迎えのことと存じます旧年中は《マナーうんちく話》にお付き合いいただきありがとうございました本年もどうぞよろしくお願い申し上げますところで全国津々...

マナーうんちく話1774《年の瀬の風物詩「クリスマスソング」と「第九」に思うこと》

暖冬の予報でしたが寒い日が続いています。ちまたでは歳末商戦が華やかに繰り広げられていますが、この時期は何といってもクリスマス商戦でしょう。約12650万人の国民の内、圧倒的多数が神道と仏教を信仰する...

マナーうんちく話1770《夏日と冬日、「事始め」と「事納め」の妙な関係》

地球温暖化の影響でしょうか?世界的に気温の上昇傾向が続いていますが、12月4日は師走にもかかわらず、各地で最高気温が25℃を超える「夏日」を記録したところも多々ありました。さらに来年2月までの予報も、...

マナーうんちく話1762《次世代に伝えたい日本の秋風景ともてなしの心、そして新たな課題》

日本の紅葉は世界屈指の美しさだといわれていますが、その紅葉を愛でる文化を有している国でもあります。また美しい紅葉を表現するために美しい言葉も持ち合わせています。紅葉が錦のように美しくなる秋は「錦...

マナーうんちく話1757《覚えておきたい時候の挨拶①「初冬の候」》

今年は半端ではない豪雨や台風の影響で季節の移ろいがややスロウのようですが、11月7日は二十四節気の一つ「立冬」です。冬の始まりを意味する言葉ですが、では今は冬か?秋か?と聞かれれば難しいところですね...

マナーうんちく話1750《心に沁みる秋の夕暮れ。「夕暮れ」「残映」「斜陽」》

朝夕すっかり涼しくなり秋の深まりが感じられます。あまり聞きなれない言葉ですが10月23日は、秋も深まり霜が降りるころといわれる「霜降」です。二十四節気の一つですが、北海道地方では当てはまるかもしれ...

マナーうんちく話1745《「秋祭り」に哀愁や風情が伴う理由とは?》

山や川や街が静かな佇まいを見せるようになり、各地で食欲の秋、芸術の秋、体育の秋を謳歌する楽しいイベントが目白押しになっています。日本の秋を目で、舌で、心で思う存分堪能したいものです。ところで四...

マナーうんちく話1736《自分を見つめなおし、先人の思いに心はせる日》

9月20日は秋の「彼岸入り」でしたが、23日は「彼岸中日」、そして26日が「彼岸明け」です。今年は本当に暑い夏でしたが、この時期から吹く風は次第に心地よくなってきます。ところで23日は彼岸中日ですが、「...

マナーうんちく話1729《風流をしのび開運招福を祈る「重陽の節句」》

9月9日は五節句の一つ「重陽の節句」で大変めでたい日ですが、ご存知でしょうか?恐らくほとんどの人は関心を持たれてないと思います。このコラムでもたびたび触れていますが、節句は中国から伝わった「陰陽五...