まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

平松幹夫プロのコラム一覧:歳時記のマナー

9月9日は五節句の一つ「重陽の節句」で大変めでたい日ですが、ご存知でしょうか?恐らくほとんどの人は関心を持たれてないと思います。このコラムでもたびたび触れていますが、節句は中国から伝わった「陰陽五行説」に由来して、日本に定着した暦で伝統的な行事を行う季節の節目です。ちなみに...

今まで経験したことのない豪雨、暴風、地震等など・・・。度重なる自然災害の無残な爪痕に、儚さを感じることが多くなりました。本来なら、秋の面影がひとしお感じられる頃で、朝夕の心地よさにホッと一息つくわけですが、次から次へとやってくる自然の猛威に、ため息が出ますね。寺田寅彦の「...

相変わらず猛暑が続いていますが、9月の声を聞くと気分的に秋を実感できます。暦の上でも、夏の気がやっと落ち着いてくる頃です。ところで日本では明治5年までは旧暦でしたが、旧暦のスタートは立春です。その立春から数えて9月1日は210日目になります。現在は気象予報が発達していますが、昔...

二十四節気の一つ処暑の頃になると、ある程度猛暑も和らぐのが普通ですが、いまだに猛暑が続いております。しかし季節は正直で、一生懸命秋になろうと頑張っている気がします。この時期にお目見えする、胴がくすんだ黄色のトンボ、つまり「薄羽黄トンボ」が気持ち良さそうに飛び始め、夏の終わり...

台風のせいもあるのでしょうか、朝夕の風や虫の音に、ほのかに秋の気配が感じられるようになりました。8月23日は二十四節気の一つ「処暑」です。厳しい暑さが和らぐ頃という意味で、これから次第に朝晩の涼しさが実感できるようになってくるのではないでしょうか。但し台風の本格的なシーズン...

間もなくお盆ですが、お盆とはご先祖の霊をお迎えして、おもてなしをして、お見送りする一連の行事です。8月13日が月遅れのお盆の迎え火を焚く日、つまり「お盆の入り」で、16日が月遅れのお盆の送り火を焚く日、つまり「お盆の明け」です。帰省して家族や友人と一緒に過ごす人も多いことでしょ...

立春、立夏、立秋、立冬の前日を「節分」、そして前の18日間のことを「土用」といいますが、今では節分とは立春の前日を言うようになりましたね。そして土用とは立秋の前18日間をさすようになりました。他の土用に比べると、極端に暑く、体力を消耗し、夏バテしやすいからでしょうか・・...

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛ください。汗ばむ季節になると、そうでなくとも身も心も疲れ気味になりますが、時には気分転換が必要かもしれませんね。暦の上では「蓮始開」頃です。蓮の花が初めて開く頃...

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とともに梅雨が明けました。後片付けも済まない間に、いよいよ本格的な夏の厳しい暑さを迎えるはめになりました。ちなみに7月23日が二十四節気の一つ「大暑」で、暦の上では一年で...

しとしとと降る長雨を恵みに、梅の実が黄色く熟す頃。中国ではカビが生えやすい時期の雨だから「黴雨」と書くこともあったようですが、日本人は持ち前の感性で「梅雨」と名付けました。梅は日本人にとって昔から大変なじみの深い花で、厳寒の頃、百花に先立ち、いち早く咲いてくれるので「春...

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます。ところで最近日が長いような気がしませんか?6月21日は、一年で最も昼が長く、夜が短い「夏至」です。太陽の運行により定められた二十四節気の一つで、「立夏」と「立秋...

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水だけで、光を放ちながら飛び続け、短い生涯を終えるそうです。「蛍二十日に蝉三日」といわれます。先人は蛍や蝉に人生のはかなさを感じ取っていたようですが、現在は人生100歳時...

先日来の雨で、にわかにカエルの鳴き声が高らかになり、本格的に田植えの準備が忙しくなりました。蛙はもとの場所に変える習性があり、昔から逃げた女房が帰る、無くした財布が返えると言われ縁起がいいとされていました。ちなみに大きな声で鳴くのは雄の蛙です。鳴き声で雌の蛙を引き寄...

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。非常に美しい言葉だと思いますが、平安時代から用いられた伝統色のようです。英語にもスプリンググリーンとはイエローグリーンがありますね。その萌黄色も今ではすっかり新...

ゴールデンウイーク後半の目玉になるイベントは、何といっても「子供の日」に関連したものだと思いますが、子どもの日といえば昔から「鯉のぼり」がつきものです。青空を悠々と泳ぐ鯉の姿はまさに風薫る5月の風物詩で、平和な日本を象徴しているようです。また鯉のぼりは日本に長くから伝わ...

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share

平松幹夫のソーシャルメディア

google-plus
Google+