まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より150912心のメッセージ

2015年9月12日

 本日は、お客様の創業10周年記念会に出席いたします。

 今日は、田中信生先生の言葉のご紹介です。

 「今の若い人は、昔のやり方では動いてくれません。どうしたらいいのでしょう?」よく経営者の方からご質問を頂きます。昭和スタイルの「命令、断定、指示」的アプローチに対して、どうしても抵抗を感じ、モチベーションが下がってしまうのが最近の若者たちの特徴だと言えます。「相手を変えたいのなら、自分が変わること」。さらに言うと「自分のやり方を変える」ことが賢い上司です。「命令、断定、指示」の昭和スタイルから「提案、問いかけ、お願い」の平成スタイルの人育てが勘所です。
 (1)「命令」から「提案」へ
 「いつまでもたもたしてるんだ。早くやれ!」→「頼んだ件、○日の□時までに仕上げてくれると助かるんだけど。分からないことがあったら、いつでも相談に乗るからね。」
 (2)「断定」から「問いかけ」へ
 「何度言ったら分かるんだ!」→「どうしたらいいと思う?」
 (3)「指示」から「お願い」へ
 「ちょっと、待って!今私は忙しいんだ。みて分かるだろう!」→「15分待ってくれないかな。」
 平成スタイルで育てられた部下には、自分がされたように、同僚やお客様に丁寧に関わることができるようになります。平成スタイルの人育ては、実は一石二鳥なのです。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ