マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

JIJICO編集部ピックアップ記事

コミュニケーション力こそがビジネス成功のカギを握る

ITの発展や働き方改革などにより実働時間は変化しつつありますが、働く人のストレスは減っているのでしょうか。ストレスの多くは人間関係で、関係性の質を高めるためには円滑なコミュニケーションが不可欠と専門家。

内田朱美

内田朱美さん

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

子どもの吃音、症状について理解を深めいじめをなくそう

吃音は社会の理解が進んでおらず、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多い言語の症状です。子どもの場合、学校でからかわれいじめに発展することも。吃音の症状や当事者が求めるケアと接し方について専門家が解説。

宮本章太郎

宮本章太郎さん

心理カウンセリングのプロ

冬に感じる倦怠感や疲労感の正体「冬バテ」とは?

やる気が出ない、眠くて仕方ない、甘い物が無性に食べたくなる、そんな症状はもしかしたら「冬バテ」かもしれません。これからどんどん寒くなる季節、体調を崩す前に「冬バテ」対策を知っておきましょう。

早川弘太

早川弘太さん

漢方と健康相談のプロ

有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!

偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

初心者ランナーの半数に体のゆがみ?正しいランニングシューズの選び方

運動不足解消にランニングを始めたのに、膝や足首を痛めてしまったら本末転倒。初心者ランナーが自分の足を守るシューズ選びの3つのポイントとは?

日高靖夫

日高靖夫さん

40才からの体づくり専門家 パーソナルトレーナー

日本企業は中国ビジネスを成功させることはできるのか?

世界最大規模の市場を誇る中国。日本から多くの企業が進出していますが、成功例ばかりではありません。日本企業が中国でビジネスを成功させるためのポイントを、現地で販売ビジネスを経験したアドバイザーが解説。

北宏志さん

中国にランドセルを広めた中国ビジネスアドバイザー

ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?

マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

チャンス?それともリスク?上司からの無茶ぶりへの上手な対処法

職場で時折降ってくる上司からの「無茶ぶり」。無茶ぶりをよい機会ととらえてチャレンジするのか、無理だと判断して抱え込まない選択をするのか。判断基準になるのはどのような観点でしょうか?専門家が解説します。

青柳雅也

青柳雅也さん

独自手法で短期解決をもたらす心理カウンセラー

アメリカ発のお酢のドリンク「スウィッチェル」、整腸作用や疲労回復、美容におすすめ

健康と美容効果が高いと海外で人気を集める「スウィッチェル」。リンゴ酢とハチミツ、ショウガを使ったドリンクで、家庭でも簡単に作ることができます。スウィッチェルを飲むことでどんな効果を期待できるのか解説します。

水野直美

水野直美さん

人生が楽しくなるダイエットのプロ

派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?

改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?

女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。

鹿島直之

鹿島直之さん

患者さんの心に寄り添った治療を考える精神科医

停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!

停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。

橘田えみさん

モノと心をつなぐ整理収納センスUPトレーナー&整理収納AD2級講師

子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?

2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す