マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

JIJICO編集部ピックアップ記事

咳が出たとき疑うべきは風邪? 咳が出る原因とその予防策

冬が訪れ、空気が乾燥しています。湿度が低く乾燥する季節は風邪が流行しやすく、12月から2月は特に注意が必要です。咳の原因と対策について説明します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

イトーヨーカドー、パルコなど元日の計画休業を発表。働き方改革による業績への影響は?

働き方改革の一環で、年々元日の計画休業を実施する企業が増えています。イトーヨーカドーやパルコなども2020年より実施を発表しています。年始商戦による業績への影響はないのでしょうか?

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

アーティフィシャルフラワーでしめ縄つくり。タッセルで簡単DIY

2020年の元旦まであと少し。正月を迎えるにあたってしめ縄の準備を考えるころです。市販のしめ縄では家庭やお店に似合わない…そんなときはアーティフィシャルフラワーを用いたラグジュアリーなしめ縄を手づくりしてみませんか?

四本純子

四本純子さん

花の魅力を最大限に生かすアレンジ、ブーケの専門家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

九九の覚え方が間違いの原因に。正しく「符号化」させる家庭学習の基本

一般的に言う「九九暗記」は長期記憶をするための手法。しかし、間違った覚え方にもつながるといいます。塾講師の杉田 昌穂さんが解説します。

杉田昌穂

杉田昌穂さん

理科実験・読み聞かせで思考力を育てる幼児教育のスペシャリスト

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

沢尻エリカに田代まさしも やめられない違法薬物、依存の恐ろしさとは

女優の沢尻エリカ容疑者や、タレントの田代まさし容疑者、元スノーボード日本代表選手の国母和宏容疑者など、違法薬物所持による有名人の逮捕が相次いでいます。違法薬物をやめられない理由はなんでしょう?薬物依存に詳しい精神科医の鹿島直之さんに聞きました。

鹿島直之

鹿島直之さん

患者さんの心に寄り添った治療を考える精神科医

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す