マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 美容・健康
  4. 寒くなるこれからの季節ヒートショックに注意!

寒くなるこれからの季節ヒートショックに注意!

カテゴリ:
美容・健康

寒くなるとヒートショックも増加傾向に

11月に入り、私が住んでいる沖縄も涼しくなりだいぶ過ごしやすくなってきました。ただこれからの寒い季節、増えてくるのが「ヒートショック」です。南国の沖縄といえども冬場の冷えた浴室での入浴ではヒートショックを起こす可能性がります。近年、ヒートショックという言葉はかなり周知されてきましたが、改めてその原因・対策について紹介させて頂きます。

ヒートショックとは?

まず初めに「ヒートショック」とは、室内と浴室の急激な温度差により、急な血圧の変化が起き、心筋梗塞・脳梗塞・不整脈などを発症してしまう事です。それに、入浴時だけではなく、トイレなどで排便をする際に力んでも血圧が急上昇し、ヒートショックでお亡くなりになる事案も多数あります。沖縄のように冬場でも比較的暖かい場所でもヒートショックは起きるのでしょうか?実は…ヒートショックで亡くなる危険度・危険性がある都道府県ランキングで、沖縄県は全国4位でヒートショックになる可能性が高いとの結果が出ました(株式会社リンナイ様調べ)

ヒートショック危険度チェックシートの内容
① メタボ、肥満、糖尿病、高血圧、心臓・肺や気管が悪い等と言われたことがある。
② 自宅の浴室に暖房設備がない
③ 自宅の脱衣所に暖房設備がない
④ 一番風呂に入ることが多い
⑤ 42度以上の熱い風呂が好きだ
⑥ 飲酒後に入浴することがある
⑦ 浴槽に入る前のかけ湯をしない、または簡単に済ませる
⑧ シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける
⑨ 入浴前に水やお茶などの水分をとらない
⑩ 一人暮らしである、または家族に何も言わずにお風呂に入る

上記より、いくつ当てはまりますか?5個以上当てはまるかたはヒートショックの可能性があり、予備軍とも言われております。特に沖縄県では、肥満・高血圧の人が増加傾向にあり、温暖な気候なため浴室や脱衣所に暖房器具が取り付けられていない、また飲酒後の入浴も多い傾向の為、全国でも上位になってしまいました。

ヒートショックの対策方法

ではどうすればヒートショックを防げるのか、対策方法についていくつかご紹介します。

○入浴前と入浴後に水分補給をする
汗をかき体内の水分が減り、血液がドロドロになります。この状態は血栓ができやすく、血液が上がると心臓に大きな負担がかかり、危険な状態になります
○お部屋と浴室の温度差を無くす
お金がかかりますが、脱衣所や浴室に暖房設備を設置し、暖かくする事も重要です。暖房器具が無ければ、お湯を張った浴槽のフタを開けておいたり、お湯を溜める際にシャワーを使用し、高い位置から浴槽に溜めたりすると、お部屋と浴室の温度差を抑えることが出来ます。
○ゆっくり温めていく
すぐに浴槽に入るのではなく、心臓から遠い手や足など体の末端からかけ湯を行い慣らしてから浴槽に入れば急激な血圧の変化を防ぐことが出来ます。
○浴槽から急に出ない
上記と逆で、浴槽から出る際も急に立ち上がると血圧が急激に下がります。

ほんの少し気にするだけで事故を防ぐことが可能です。周りのご家族に教えてみてはいかがでしょうか?

比嘉計

故人の尊厳を大切にする特殊清掃・遺品整理のプロ

特殊清掃士、遺品整理士

比嘉計さん(office双葉)

Share

関連するその他の記事

ホットカーペットの上で寝ると体力が低下!!体を温めているつもりが実は冷えの原因?

体を温めようと思った行為が、逆に体を冷やす要因になっている事に 気付いていない人は少なくありません。 本記事では、そんな体温調節の方法について詳しくご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

20~30歳代の膝痛は歩く時の習慣が原因?膝の痛みを治すには!?

変形性膝関節症は、高齢者に見られる症状です。中高年の方が急に運動すると、半月板や十字靭帯など明らかに関節を損傷して膝痛が発症します。関節に異常が見られるときは速やかに専門医(整形外科医)や柔道整復師の診療を受ける必要があります。一方、さしたる原因がないのに、膝に痛みを覚えている人も少なくありません。多くの場合は、上体の重さを左右の脚で均等に支えていないことが原因だと思われます。本記事では、そんな膝の痛みの解消法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

鎮痛薬の飲みすぎで頭痛が起きる!?薬に頼らない頭痛対策は?

新型コロナワクチンの副反応に対し、接種後の備えとして鎮痛薬を買い求める人が急増しています。中には痛みが出ることを回避したいという心配から、症状が出ていないにもかかわらず鎮痛薬を服用している人もいるようです。ここで心配されることは、薬を多飲することによる頭痛です。本記事では、薬に頼らない頭痛対策についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

眼の疲労回復にはローソクの炎が有効!? 視力回復にも役立つ?

新型コロナウイルスの感染拡大により、自宅で過ごす時間が長くなっている今日、パ ソコンを見る機会が多くなっていると思われます。それに伴うのは、眼の疲れです。本記事では、目の疲労回復方法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す