マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. Webマーケティング分析の手法とは?サイトへ呼び込む戦略5つも紹介

Webマーケティング分析の手法とは?サイトへ呼び込む戦略5つも紹介

カテゴリ:
ビジネス

Webマーケティング分析はなぜ重要?

Webマーケティングはオンラインショップなどを利用して消費者を集客し、商品・サービスの購入を促すための宣伝活動です。 WebサイトやWebサービス上に、様々な広告手段を使って集客を図りますが、広告の打ち方や選び方を間違えると、思ったような集客につながらない場合もあります。ネットショッピングやWebサービスの普及が年々増加していく中で、いかに自社サイトに集客できるかが大切になってきます。

Webマーケティング分析の4つの分類

では、Webマーケティング分析の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、現状分析や企画立案をはじめ、Webマーケティング分析の分類を4つ紹介していきます。

■現状分析
現状分析は、自社・競合他社・顧客について行ないます。それぞれの特性を把握し市場や顧客の趣味・嗜好動向を分析把握し、これらを照合して自社の強みを活かした新商品・サービスの開発に役立てていくのです。 現状分析では、成功するための要因を見つけ出す作業が求められます。

■企画立案
現状分析作業が終わると、次は具体的な企画立案に入ります。企画立案は顧客の視点をじっくり洗い出す必要があります。顧客がその商品やサービスを購入して得られる満足感や価値、費用をどれくらい出してくれるのか、そして購入のしやすさやリピート性、顧客とのコミュニケーション手段などについて吟味していきます。 その後、売り手側からみた分析を行い品質や価格、流通経路、販促などについて対策を練っていきます。

■戦略の可視化
Webマーケティング分析は、常に戦略の可視化を意識して行う必要があります。アクセス解析やKGI(重要目標達成指標)などを常にチェックし、現状の数値を可視化してマーケティング分析を行ない続けることです。 また、可視化することで、目標と現状の進捗度合いや修正点が見つけやすくなるという利点もあります。

■効果測定
効果測定はWebマーケティング分析の仕上げの段階作業といえます。打ち出したマーケティング戦略を可視化してチェックしていきながら、アクセス解析ソフトなどを使ってデータを出し、それを分析して改善していく作業を行ないます。Webマーケティング分析における各作業で、顧客の動向と市場のニーズを常に正確にキャッチしていく必要があります。

Webマーケティングの現状分析の手法5つ

Webマーケティング戦略を成功に導いていくためには、現状の顧客ニーズや動向を把握し分析することが欠かせません。顧客ニーズの変化や市場動向、自社が置かれている市場の把握や競合していくための戦略など、分析していかなければならないポイントは無数にあります。 Webマーケティングにおいて必要になる様々な現状分析の手法を5つ、ピックアップしていきます。

■顧客の動きを細分化する
自社の商品やサービスがどのようなターゲット層にヒットするのかは重要な問題です。その商品を手にしたときの重要性や優先順位、ターゲット層の潜在的需要数、運送にかかるコストや反響など様々な要因を細分化して徹底的に調べます。 顧客の動きを細分化していくことは、Webマーケティングの現状分析には欠かせない要因になります。

■顧客の遷移率を把握する
Webサイトにおける遷移とは、サイトを閲覧しているユーザーがどのページにとどまって、そのあとどのページから他のサイトに移ってしまったのかを意味します。Webマーケティング分析では、このサイトの遷移をデータ化して遷移率として把握・分析する必要があります。最終的な購入や資料請求などのページにたどり着かず別のページに移ってしまったら、商品購入や契約には結び付きません。Webサイト上の顧客遷移率の把握は、Webマーケティングの現状分析手法として重要な役割を占めます。

■ロジックツリー分析で課題を可視化する
Webマーケティングの現状分析を手助けする手段として、ロジックツリー分析を使用して課題を可視化することが重要です。ロジックツリーとは問題の要因を分解して階層ごとに整理し、根本原因を見つけ出して課題解決に役立てる手法です。5層以上、深く掘り下げて図案化して原因を追究していきます。

■3C分析でターゲット層を明確にする
Webマーケティング分析では、3C分析を用いて顧客のターゲット層を明確にします。3C分析とは、Customer(顧客)、Competitor(競合他社)、Company(自社)のそれぞれの頭文字をとったもので、この3つの要素を客観的に分析して顧客のターゲット層を絞りこむ戦略に役立てます。

■5WHY分析で問題点を掘り下げていく
Webマーケティング分析では「5WHY分析」を使用して問題点の徹底的な掘り下げを行ない、根本原因を解明します。5WHY分析とは「なぜ」を5回繰り返していくことで、ものごとの根本原因にたどり着く分析法です。根本原因を見つけ出さないことには顧客の需要の掘り起こしやターゲット層の特定にたどり着けません。 勘や私情に左右されずに市場動向を突き止めるためにも、「5WHY分析」は重要な分析法といえます。

Webマーケティングの企画立案の手法3つ

Webマーケティング手法を駆使した企画立案について紹介していきます。Webマーケティングの成果を上げるためには、自社の立ち位置やターゲット分析は欠かせません。 企業として具体的な立案を可能にする戦略をみていきます。

■STP分析でターゲットの行動を把握する
企業はSTP分析の手法を用いて、市場内におけるターゲットの行動を把握していきます。STPとはSegmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の略になり、顧客や市場を分けてその中で狙いを定め、他社との違いを明確にする分析になります。 STP分析は「誰に」「何を」の部分を明確にするための分析手法になります。

■4P分析でマーケティングの課題を見つける
企業は4P分析を行なって、現状のWeb分析の課題を見つけます。4P分析とは、Product、Price、Place、Promotionの頭文字からきたもので、どのような商品・サービスをいくらで、どんな場所でどう販促するのかという視点の分析です。 4P分析はマーケティングにおける具体的な施策立案にあたるため、ターゲットや市場動向の見極めが分析されてからの動きになります。

■4C分析で自社の商品を見直す
企業は4C分析を行なって、自社の商品を見直す分析を行ないます。4C分析とはCustomer Value(顧客にとっての価値)、Cost(費やすお金)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)を表しています。つまり顧客目線に立った購入意欲の誘導ということになります。 4P分析からは得られない顧客志向の購買意欲を、4C分析を駆使して導き出すのです。

Webマーケティング戦略の可視化の手法

Webマーケティング戦略の可視化の手法について考えていきます。Webマーケティングでは常に分析状況のチェックを行なっていく必要があります。そのための具体的な方法をみていきましょう。

■ペルソナを決定しどのようなサイトを経て購入に至るのか調べる
マーケティング戦略では、ペルソナを決定してどのようなサイトから購入に至っているのかを調べます。ペルソナとは、企業側が選別した架空の購買意欲をもった顧客です。そのペルソナがどのようなサイトを閲覧し、どのページに時間をかけて滞在し購入に至ったのか、をつぶさに調べるのです。 この一連の流れを可視化しておけば、Webマーケティング戦略において有効な方法となります。

■KPIツリーで向上させたい要素を決める
KPIツリーはKGI(重要目的達成指数)を頂点にしたツリー状の構成になっており、KGIを達成するための通過するべきプロセスや成し遂げるべき要素をKPIと呼んでいます。KPIツリーを図案化することによって可視化され、Webマーケティングの進捗状況が一目でわかる仕組みです。

Webマーケティング効果測定の手法

ここからは、Webマーケティングにおける効果測定の手法について紹介します。
Webサイトでの販促手法は日々、新しい方法が登場してきます。 最適な効果測定が行えるよう、しっかりと把握しておきましょう。

■PDCAサイクルを活用し課題解決へ導く
PDCAとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)を表しています。このPDCAのサイクルを順番に行うことによって、現状の問題を解決方向へと導くことが期待できます。

■KPT分析で業務効率化を実現する
KPTはKeep(維持すること)、Problem(抱えている問題)、Try(解決策)という意味になります。この3要素を現状の問題に分類して定期的に分析していくことで、問題の成果をより早く得られます。 現状の効果測定を行うにあたってPDCAサイクルとKPT分析は、課題解決と業務効率化を期待できる手法です。

顧客を自社のWebサイトへ呼び込むための戦略5つ

顧客を自社のWebサイトへ呼び込むための戦略について紹介していきます。入念なWebマーケティング分析が準備できたら、いよいよ顧客を自社サイトに呼び込んで成果を上げる番です。効率よく顧客を呼び込める方法を考えていきましょう。

■リスティング広告でアクセス数の増加を狙う
リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動させて掲載される広告です。ユーザーのニーズや好奇心に寄り添った内容の広告が掲載される仕組みになっているため、自社サイトへ誘導してアクセス数を増やすのに便利な手段の1つです。

■SNS広告でWebユーザーを絞りこむ
SNS画面上で配信されるSNS広告はリスティング広告と違って、各サービスのタイムラインやフィード上に配信されます。またユーザーの興味関心や属性(地域、性別、年代など)といった「人」ベースでターゲティングが可能となります。 キーワードでターゲット層を絞りこむリスティング広告と人の興味・関心に的を絞ってユーザーを絞りこむSNS広告は、併用していくことでより多くのアクセス数を見込める手段となります。

■メールマーケティングでWebユーザーの行動履歴を把握する
メールマーケティングを使ってWebユーザーの行動履歴を把握することもできます。メールマーケティングは以前のメルマガ一斉配信といった手法ではありません。セグメントメールやステップメールの浸透により、顧客の基本情報や志向に最適化されたコンテンツを個別に配信できるようになりました。 メールマーケティングはメールの開封率やクリック率などを効果測定しやすいため、Webユーザーの行動履歴を把握するのに優れた手法です。

■Webセミナーを開催して顧客と接点をもつ
Webセミナーとはインターネット上で行われるセミナーです。開催コストや会場の準備、集客制限などがないため、顧客開拓の手段として大きな効果を期待できます。 参加者との接点をもつことで自社サイトへの誘導の手応えを実感できる手法です。

■SEO対策で検索エンジンの上位を狙う
検索エンジンからの集客数を増やし、効率的にコンバージョン率を増やす施策があります。顧客の「何かを知りたい」というニーズに常に適応した自社サイト作りも、検索エンジンで上位にかかるための要因になるでしょう。

Webマーケティング分析の手法を理解し顧客の心理をつかもう

Webマーケティング分析を用いて現状の分析と把握を繰り返せば、購買見込みのある顧客心理もつかみやすくなっていきます。顧客を取り巻く市場環境は絶えず変動しているため、Webマーケティング分析はユーザーニーズや社会情勢、自社を取り巻く環境の変化等を的確に調査・分析していける手法です。 この記事を参考にWebマーケティング分析への理解を深め、自社サイトに呼び込みましょう。

奥雄太

即戦力のWebマーケティング人材を育成するプロ

Webマーケティングスクール運営

奥雄太さん(株式会社Hagakure)

Share

関連するその他の記事

将来起業したいと考える新社会人にとって大事なこと

将来、起業することを見据えて就職する人が増えているのではないでしょうか。そこで今回は2022年の4月に新社会人となった皆さまに、「もし将来、起業したいなら、会社員時代をこう過ごそう」ということについて詳しく紹介いたします。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「18歳成人」への引き下げが起業に与える影響と可能性

成年年齢が18歳に引き下げられたことは、10代若者の起業に大きな影響を与えました。18歳成人の引き下げによる3つのメリット、一方で懸念されること、そして起業を考えるすべての人への新たな可能性についてお話しします。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

花見のスタイルが多様化⁈ 花見と学生起業を考える

春になると多くの人が楽しむ〝お花見〟は、家族と、あるいは気のあう仲間と、ときには会社のメンバーと。桜を囲む相手は違っても、花を見ながら春の訪れを感じたい人も多いでしょう。海外からも注目の、日本の誇るべき文化、花見。最近は新しいスタイルが増えているそうです。今回は新しい花見スタイルと起業について考えていきます。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

大学生が在学中に起業するメリットとは? 環境のよさを活かし成功をつかもう

しばしば注目される学生起業。学校施設を使えたり、同世代をターゲットにする場合、マーケティングし易いなどのメリットがあります。今回の記事では、学生起業のメリットとデメリットを解説。起業に興味のある学生は、一読の価値ありです。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す