マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

JIJICO編集部ピックアップ記事

元AKB48まゆゆ引退に「燃え尽き症候群」の可能性 要因や予防策は?

元AKB48まゆゆ引退で「燃え尽き症候群」の可能性。急に熱意や意欲を失う「燃え尽き症候群」。要因や予防策について、心理カウンセラーの飯塚和美さんに聞きました。

飯塚和美

飯塚和美さん

心についた癖や行動を取り除き生きやすくするカウンセラー

3密を避ける自転車通勤、グーグルやヤフーなど大手外資系IT企業も推奨 交通費や届け出の扱いは?

グーグルやヤフー、アマゾンなど、外資系IT 企業の多くが自転車通勤を推奨。事業者、従業員それぞれが注意しなければならないポイントなどを、社会保険労務士の鈴木圭史さんに解説してもらいました。

鈴木圭史

鈴木圭史さん

労務リスクの改善の専門家

テレワークによる運動不足で心肺機能が低下?その解消法とは

新型コロナウイルスの影響で、社会全体がテレワークを推奨しています。自宅勤務が増える事により、運動不足が懸念され、その結果心肺機能の低下が考えられます。そこで、今回は心肺機能低下の解消法をお伝えします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

香川県「ゲーム規制条例」今夏提訴へ 弁護士会も廃止を要求、同条例は違憲なのか

香川県で2020年4月1日から施行された「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(以下ゲーム条例)」。ゲーム条例は違憲にあたるのでしょうか。弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

マイナンバーと個人の銀行口座のひも付け議論が加速。義務化で何が変わる?

マイナンバーと個人の銀行口座とのひも付けが義務化されるとどうなるのか、20年以上の金融実務経験を持つ弁護士の小川文子さんに聞きました。

小川文子

小川文子さん

大手都市銀行や外資系資産運用会社等の金融出身の女性弁護士

コロナ禍でのストレス解消と免疫力アップの涙活にチャレンジ!

新型コロナの影響で、不安からストレスが溜まっている方もいらっしゃるかと思います。そこで今回、意識的に泣く「涙活(るいかつ)」についてご紹介します。

吉田英史

吉田英史さん

「涙活」でストレス解消に導く感涙療法士

自治体トップの「女性は買い物に時間がかかる」発言に違和感。男女間の無意識の思い込みが企業の人材活用にも影響?

男女間の偏った思い込みに違和感を抱く女性の声がSNSでも話題に。企業や組織の中で、個人の能力がもっと生かされるためには?弁護士・中小企業診断士の中澤未生子さんに聞きました。

中澤未生子

中澤未生子さん

女性経営者の志に寄り添い、サポートできる専門家

ブルゾンちえみが本名で活動を決意。30代女性がキャリアアップやキャリアチェンジに気づくタイミングとは?

ある程度社会経験を積んできた30代女性の多くがキャリア形成や人生の方向性に苦悩しています。悩める女性の人生の転換期について、キャリアコンサルタントの大地良枝さんに聞きました。

大地良枝

大地良枝さん

「私を演じる」女性のライフキャリアのあり方提案のプロ

70歳就業法成立で「生涯現役」が可能に?アフターコロナの社会にシニアの企業経験をどう生かすか

希望する人の70歳までの就業を可能にするよう、企業に努力義務を課す「改正高年齢者雇用安定法」などの関連法が2021年4月から適用されます。労働力不足の解消を疑問視する声や、社内制度の大幅な見直しが必要となるなど、「あまりに負担が大きいのでは」という戸惑いの声もあるようです。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

プロレスラー木村花さん急逝 SNSの誹謗中傷に対して法的にできることとは

女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで、5月23日に死去したことをきっかけに、ネット上での中傷が大きな議論を呼んでいます。法的に対処できることとは。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

SNSなどで広がる「出勤再開うつ」 五月病と同じ?不安の原因と予防方法は

新しい生活にせっかくなじんできたところで、以前の生活に戻りたくないという人も。不安の原因や、新たな生活を無理なく進めるためにできる予防法とは。心理カウンセラーの青柳雅也さんに聞きました。

青柳雅也

青柳雅也さん

独自手法で短期解決をもたらす心理カウンセラー

9月入学の議論やICT教育の導入が加速。教育のグローバル化など大きな制度転換をどう受け止める?

社会全体の仕組みが変革の動きを見せているなか、進められるICT学習とは?「9月入学」の実現で可能になるグローバルスタンダードのメリットは?国際教育評論家の村田学さんに聞きました。

村田学

村田学さん

子どもの未来を拓く国際教育評論家

ボビー・オロゴンさんが妻への暴行容疑で逮捕、外出自粛で増加のDVから逃れる方法は

全国の配偶者暴力相談支援センターに寄せられた4月のDVの被害相談が、前年同月と比べて約3割増え、1万3272件(5月22日発表、速報値)であったと発表しました。DVが心身に与える影響は。逃れるためにできる対策は。弁護士の中村伸子さんに聞きました。

中村伸子

中村伸子さん

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す