マイベストプロ千葉
山田拓也

地下の不可視部分の危険を見抜く地質・構造物調査の専門家

山田拓也(やまだたくや)

ジオメンテナンス株式会社

コラム

空洞調査事例(その6)

2017年8月23日

テーマ:地質・地盤・空洞調査

 今回は造成地での地中レーダー探査による空洞の調査事例です。
造成地において地中レーダー探査による空洞調査を実施しました。
造成地は、土地を埋め立てたり、切り土・盛り土などを行い改良した土地である為、空洞が発生してしまう場合があります。今回の調査で見つかった空洞は、もともと調整池に水を流していた場所を盛り土によって埋め立てた事により、吸出しという水の力により土がもれ出す現象が起こり、空洞が発生してしまったと推測されます。
建築物が建つ前に調査を行い、空洞を発見することにより事故を未然に防ぐことができました。

探査状況


探査結果

この記事を書いたプロ

山田拓也

地下の不可視部分の危険を見抜く地質・構造物調査の専門家

山田拓也(ジオメンテナンス株式会社)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

山田拓也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-470-8550

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田拓也

ジオメンテナンス株式会社

担当山田拓也(やまだたくや)

地図・アクセス

山田拓也プロのコンテンツ