まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
安田義広

ゴルフクラブチューニングのプロ

安田義広(やすだよしひろ)

ファーストゴルフ工房

お電話での
お問い合わせ
076-493-1374

コラム

グリップの基礎知識 その2 (太さ)

チューンナップ情報

2012年3月2日

前回はグリップの重量について触れましたが今回は太さについて解説していきます。

グリップの太さというのもグリップ選びには重要な項目です。
一般的にグリップが太くなると手首が使いづらくなるのでボールが捕まりにくくなる為、リストターンが強い方やパワーヒッターの方が好みます。

グリップの太さもいろいろあって外径自体太いものもあれば外径は一緒でも内径の大きい小さいでシャフトに入れた際の太さが変わるタイプもあります。ここでは内径の違いによってのグリップの太さの違いに触れていきます。

内径は大きく分けて「580」「600」「620」の3種類、単位はインチです。数字が小さいほど内径が狭くシャフトに入れたときに太くなり、数字が大きいものはシャフトが太いものに入れても太くなりません。

日本製のクラブは、ほぼ「600」を使用していますアメリカ製のクラブは「580」が多いですが、最近は日本仕様のクラブも多く「600」の挿入率も増えています。

やはり、グリップの太さは手の大きさや握り方によって好みや合う合わないがありますので、いろんなグリップを握ってあなたに最適な太さを見つけてください。

当店には常時1000本以上のグリップが在庫してありますので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

安田義広

安田義広(やすだよしひろ)

安田義広プロのその他のコンテンツ

Share

安田義広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-493-1374

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田義広

ファーストゴルフ工房

担当安田義広(やすだよしひろ)

地図・アクセス

安田義広のソーシャルメディア

facebook
facebook