まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
吉田哲朗

住宅を美しく長持ちさせる塗装のプロ

吉田哲朗(よしだてつろう)

有限会社ペイントスタッフ

お電話での
お問い合わせ
022-369-3344

コラム

外壁のお話 窯業系サイディング

外壁のお話

2016年3月23日 / 2016年3月24日更新

窯業系サイディングについて
まずは、内容成分ですがセメントとパルプ繊維などの集合体です。



それを工場で高温高圧で成型したものに表面だけ塗装を施して防水処理をしております。

もうお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、この部材は表面のみ防水処理として塗装を施しておりますが、そもそも、お水に弱い素材ですので、繋ぎ目のシーリングや塗装が劣化してくる8年から10年には美観のみでなく、防水処理という意味で必ず塗装とシーリング工事をしなければならないのです。




塗膜の劣化やシーリングの切れや離脱をそのまま放置すると、お水を含んだ状態のまま気温が下がり0℃以下になると、凍害をおこしボロボロになってしまいます。



ボロボロになった壁材は修復が不可能ですので、交換ということになります。

それから2000年4月以前の建物で、このタイプの外壁ですと基本的に塗り替え工事は不可になりますのでご注意ください。

2000年4月に施行された住宅品質確保促進法(品確法)という法律により、今まで良しとされてきた直貼り工法が外壁の品質を保てないということから、外壁通気工法が標準施工となり、下地と外壁材の間に空気層を設けることになりました。

直貼り工法は壁と裏にある間柱に隙間がなく文字通り直に壁を貼り付ける工法で隙間には防水シートがあるために
湿気がこもりやすく中から外へ湿気が逃げるため壁自体を腐食させたり、塗膜を犯して膨れや、剥離を引き起こします。

私の所属団体の日本塗装名人社
新潟の満天の満永社長のコラムをご参考になさってみてください。
http://www.jpaintm.com/column/2906/
これを知らずに塗装してしまうと、剥離・膨れなどのクレームになってしまいます。

現在弊社では、直貼り工法のお宅からのお問い合わせにはこのようにしっかりと説明をして、張り替えをおすすめしております。

予算の関係上どうしても塗装しかできない場合は現在腐食している箇所以外にも不具合が出る恐れがあることを承諾後に塗装をいたしますが、あまりにも腐食が進んでいるところがある場合はお断りしています。

お客様のためにならない工事をしても、結果的に損をさせることになります。

この記事を書いたプロ

吉田哲朗

吉田哲朗(よしだてつろう)

吉田哲朗プロのその他のコンテンツ

Share

吉田哲朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-369-3344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田哲朗

有限会社ペイントスタッフ

担当吉田哲朗(よしだてつろう)

地図・アクセス

吉田哲朗プロのその他のコンテンツ