まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

意思が強すぎる人

2012年3月29日

 本日は午前中、相続申請と成年後見に関するご相談をお受けいたします。午後は、建設業許可申請と貨物自動車運送事業許可申請に関するご相談をお受けいたします。


 今日は、金藤晃一先生の言葉のご紹介です。


 「私意思が弱くて、なかなか物事を続けられないんです。どうしたら克服できるのでしょうか?」そんなご質問をよくいただきます。そういうときには、私はこんなふうに答えるようにしています。「意思が弱いのではなくて、意思が強すぎるのではないですか?」。ほとんどの方が「エッ」という表情をなさいます。
 物事を続けられないのは、「やるなら完ぺきにやり続けなければならない」と自分にプレッシャーをかけすぎているために、途中で息切れしたり、燃え尽きてしまったりするからです。すなわち意思が強すぎるのです。本当に意思が弱ければ、「どうしたら克服できるでしょうか?」という発想自体生まれないはずです。
 意思が強すぎる人は、やるなら完ぺきにやろうとし、やらないなら完ぺきにやらない、という両極端になりやすい傾向があります。だから物事が続かないのです。
 物事を続ける秘訣は、はじめから完ぺきにやろうと頑張りすぎないことです。そして、もうひとつ大切なことは、完ぺきにやろうとしない代わりに、まったくなにもしないという状態もさけることです。
 わかりやすく言えば、やりすぎないこととどんなに気分がのらなくても少しはする、ということを心がけると、物事をやり続けるコツをつかむことができます。物事をやり続けるために、大切なのは、強すぎる意志を緩めてあげることなのです。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ