マイベストプロ京都

[労働問題・就業]の専門家・プロ …4

京都府の労働問題・就業の専門家・コンサルタント

勤務する会社や同僚と間に抱える問題を「労働問題」「就業問題」といいます。労働問題は特別なことではなく、会社を経営している場合はそのような問題は少なからず生じてしまいます。また、働く側にとっても誰にでも起こる可能性があるものです。このような問題は、なかなか社内で解決をすることができないため、まずはプロの専門家に相談することが早期解決に繋がるポイントとなります。労働問題といっても様々な種類があり、解雇などの労働者の生活を揺るがすような問題から、残業代請求や未払い賃金などの問題があります。またパワハラやセクハラなどの職場環境に関わる問題などその種類は幅広いです。例えば、マイベストプロには会社側の問題として社会保険や雇用保険のトラブルや労働時間や賃金などでもめている場合などは、会社の経営状況や規模に応じて就業規則を提案をし、問題解決につとめてくれる社会保険労務士の方がいます。また働き手の悩みとしてある過労死、過労自殺などに繋がる長時間労働については、事実確認を徹底的に行い、確実な証拠を出しトラブル解決に繋げてくれる、過労死、過労自殺を専門的に取り扱っている弁護士の方などがいます。トラブルをいつまでも先延ばしにせずまずはプロに相談しましょう。

現在の検索条件

京都府×労働問題・就業

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

松村篤

このプロの一番の強み
万一の時も安心して仕事を任せられる事務所です!!

[京都府/労働問題・就業]

法令を遵守した管理体制を構築。労働生産性を向上させ、企業の成長を実現!

 企業におけるコンプライアンス(法令遵守)が問われるようになって久しくありません。さらに、最近ではCSR(企業の社会的責任)にも注目が集まっています。これらのコンプライアンスやCSRといった課題は、企業...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
各種分析サービスによる管理体制の構築(残業代未払いの見直し、コンプライアンス(法令遵守)の徹底など)
事務所名
みやこ社会保険労務士事務所
所在地
京都府京都市下京区 松原通烏丸西入玉津島町316番地2  川南ビル4階

吉田清

このプロの一番の強み
年金事務所の窓口で約10年、相談業務に従事 豊富な知識が強み

[京都府/労働問題・就業]

“年金すべての専門家”はお金よりも知識欲「なんでも相談して」

 「聞くだけ聞いてお金を払わず、自分で申請できるならそれでいい。頼ってもらえるだけでうれしいものです」 気取らず、実直さを感じさせる雰囲気。京都府宇治市で老齢年金や障害年金、遺族年金などの相談を...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
・障害年金の相談と請求・不服申し立て(審査請求・再審査請求)・障害年金額改定請求・更新手続きの...
事務所名
社会保険労務士 よしだ事務所
所在地
京都府宇治市志津川西組84

田中継貴

このプロの一番の強み
労働組合対応や株主間紛争、不当要求対策など幅広い事件で実績

[京都府/労働問題・就業]

労働問題や株主紛争など、多様化する法的リスクから中小企業を守る

 創業以来、40年以上企業法務に取り組んできた「田中彰寿法律事務所」。京都・滋賀を中心に100社以上の法務顧問を務め、上場企業から中小企業まで、また自治体や病院など、規模・業種を問わず担当しています。...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
事務所名
弁護士法人田中彰寿法律事務所
所在地
京都府京都市中京区両替町通夷川上ル松竹町129番地

西村友彦

このプロの一番の強み
予防法務に力を入れ、専門性にとらわれず多分野の事件を解決

[京都府/労働問題・就業]

トラブルを未然に防ぐ「予防法務」で人、企業、社会をより良くしていく弁護士

 「夷川通り法律事務所」の西村友彦さんは、事件や争いが起こる前や早期の段階で解決するための予防法務に力を入れている弁護士です。企業法務、不動産関係、離婚、遺産分割などの個人の事件、少年事件など幅広...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
事務所名
夷川通り法律事務所
所在地
京都府京都市中京区夷川通富小路西入俵屋町300  ムロビル2階

労働問題の具体的な例

突然の不当解雇

不当解雇とは「明日から会社に来なくて良い」などのように、突然会社から解雇を命ぜられるケースです。仕事は私たちの人生や生活に直結しており、これを突如失うということは、その人の命に関わる重大な問題です。 よって法律では正当な理由が無い限り、解雇を禁止しています。しかし、どのような場合が不当にあたるのかは線引きが難しいため、悩んでいる人はまずは専門家などに相談してみましょう。

残業代の未払い

人が働くことができる時間は「1日8時間」および「週40時間」と決まっています。これを超過した時間を「時間外勤務」と定義しているのです。 会社側は、時間外勤務については通常よりも割増をした賃金を支払わなければなりません。「うちの会社は残業代は出ない」などの発言が会社側からあった場合、法的には問題です。 企業の在り方はそれぞれですが、会社で働き続けながら残業代を請求するのは難しいでしょう。多くの場合、退職時や解雇された際などに請求することとなります。

パワーハラスメント

パワハラとは、同じ職場で働く人に対し、職位や地位、職場内の優位性を利用し、業務範囲を超えて、精神的や身体的の苦痛を与える行為をいいます。また職場環境を悪化させる行為も同様です。 例えば同僚間で一時的に衝突し、その後の一定期間に無視をされたということがあったしてもそれはパワーハラスメントとはなりません。特にその期間が短かった場合には、違法性はなかっと判断される場合が多いでしょう。

セクシャルハラスメント

セクハラとは、本人の意としない性的な言動や行動のことです。職場内で誰かの性的な言動によって労働者が不利益を受けることや就業環境が害されることなど、そのバリエーションは様々となります。 対価型や環境型セクハラなどと呼ぶこともあるようです。セクハラの判断基準は被害を受けた側の主観を重視します。しかし客観性も必要とされ、被害者と同じ立場に立った場合に、平均的にそれをセクハラと感じるか否かで判断されます。

労働問題・就労問題の解決策

労働組合に参加して交渉する

労働組合とは、労働者同士で助け合うための組織をいいます。会社や行政だけでなく、自らの力で運営し、労働条件やトラブルを解決するためにあります。 特に大企業には労働組合がある場合が多いでしょう。一般的には労働組合には正社員しか加入できない組合が多く、また中小零細の企業では労働組合が無いことのほうが多いです。

専門家に相談する

不当解雇やセクハラ、未払い残業代などを労働問題や就労問題を、一緒に解決まで進めてくれるのが弁護士です。弁護士は依頼者の権利を最優先として、代理人という立場から会社側と交渉してくれます。 労使交渉には、労働者側と会社側で専門的な知識を交えた交渉が不可欠です。弁護士などを代理人として、専門的な観点から主張したい事実を的確に伝えてくれるでしょう。

この分野の専門家が書いたコラム

年金振込通知書が届いてビックリ! 振込額が少なくなっている!

2023-10-09

10月の初めに年金事務所から「年金振込額通知書」が送られてきます。 その通知書を見て、 「なぜ前回より振り込み金額より少なくなっているの?」 とご相談を受けることがあります。 公的年金のうち障害年金と遺族年金は非課...

障害年金ってなに?

2023-09-01

1 障害年金とは 病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代を含めて支給されえる年金です。  (ア) 障害基礎年金が受給できる人  国民年金加入中に初診日がある人(自営業者、無...

スポーツの指導者による体罰・ハラスメント

2023-03-09

僕は、子どもの権利について、強い関心を持っている。 弁護士として、子どもたちのために、僕だからこそできることをしたい ずっとそう思ってきた。 児童虐待や少年事件、いじめ問題に関わり 離婚や家族関係に巻き込まれる子...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

「ノー残業デー」を効果的に運用するポイント

「ノー残業デー」を効果的に運用するポイント

2013-06-10

ノー残業デーが形骸化しているケースも散見される中、会社の経費を抑えて利益を最大化するための「ノー残業デーの効果的な運用方法」について、そのポイントを社会保険労務士が解説。

京都府のよく見られている地域から労働問題・就業の専門家を探す

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ京都
  3. 京都の法律関連
  4. 京都の労働問題・就業の専門家

© My Best Pro