マイベストプロ沖縄

[労働問題・就業]の専門家・プロ …1

沖縄県の労働問題・就業の専門家・コンサルタント

勤務する会社や同僚と間に抱える問題を「労働問題」「就業問題」といいます。労働問題は特別なことではなく、会社を経営している場合はそのような問題は少なからず生じてしまいます。また、働く側にとっても誰にでも起こる可能性があるものです。このような問題は、なかなか社内で解決をすることができないため、まずはプロの専門家に相談することが早期解決に繋がるポイントとなります。労働問題といっても様々な種類があり、解雇などの労働者の生活を揺るがすような問題から、残業代請求や未払い賃金などの問題があります。またパワハラやセクハラなどの職場環境に関わる問題などその種類は幅広いです。例えば、マイベストプロには会社側の問題として社会保険や雇用保険のトラブルや労働時間や賃金などでもめている場合などは、会社の経営状況や規模に応じて就業規則を提案をし、問題解決につとめてくれる社会保険労務士の方がいます。また働き手の悩みとしてある過労死、過労自殺などに繋がる長時間労働については、事実確認を徹底的に行い、確実な証拠を出しトラブル解決に繋げてくれる、過労死、過労自殺を専門的に取り扱っている弁護士の方などがいます。トラブルをいつまでも先延ばしにせずまずはプロに相談しましょう。

現在の検索条件

沖縄県×労働問題・就業

フリーワードで絞込み

1~1人を表示 / 全1

竹下勇夫

このプロの一番の強み
長い経験と深い見識に基づいた専門性の高い企業法務に強み

[沖縄県/労働問題・就業]

会社法・労働法・経済法に精通した企業法務のプロが、社内の問題を解決へと導きます

沖縄県警に程近い那覇市泉崎に事務所を構える、弁護士法人「ACLOGOS(アクロゴス)」。アクロゴスとは、ACT(行動)と、LOGOS(知性・理性)を組み合わせた造語で、「行動と知性をバランスよく兼ね備えた人物こそ...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
会社/店名
弁護士法人ACLOGOS
所在地
沖縄県沖縄県那覇市泉崎2-3-20  三医会ビル(石川眼科)3F
駐車場奥のエレベーターで3Fへお上がりください

労働問題の具体的な例

突然の不当解雇

不当解雇とは「明日から会社に来なくて良い」などのように、突然会社から解雇を命ぜられるケースです。仕事は私たちの人生や生活に直結しており、これを突如失うということは、その人の命に関わる重大な問題です。 よって法律では正当な理由が無い限り、解雇を禁止しています。しかし、どのような場合が不当にあたるのかは線引きが難しいため、悩んでいる人はまずは専門家などに相談してみましょう。

残業代の未払い

人が働くことができる時間は「1日8時間」および「週40時間」と決まっています。これを超過した時間を「時間外勤務」と定義しているのです。 会社側は、時間外勤務については通常よりも割増をした賃金を支払わなければなりません。「うちの会社は残業代は出ない」などの発言が会社側からあった場合、法的には問題です。 企業の在り方はそれぞれですが、会社で働き続けながら残業代を請求するのは難しいでしょう。多くの場合、退職時や解雇された際などに請求することとなります。

パワーハラスメント

パワハラとは、同じ職場で働く人に対し、職位や地位、職場内の優位性を利用し、業務範囲を超えて、精神的や身体的の苦痛を与える行為をいいます。また職場環境を悪化させる行為も同様です。 例えば同僚間で一時的に衝突し、その後の一定期間に無視をされたということがあったしてもそれはパワーハラスメントとはなりません。特にその期間が短かった場合には、違法性はなかっと判断される場合が多いでしょう。

セクシャルハラスメント

セクハラとは、本人の意としない性的な言動や行動のことです。職場内で誰かの性的な言動によって労働者が不利益を受けることや就業環境が害されることなど、そのバリエーションは様々となります。 対価型や環境型セクハラなどと呼ぶこともあるようです。セクハラの判断基準は被害を受けた側の主観を重視します。しかし客観性も必要とされ、被害者と同じ立場に立った場合に、平均的にそれをセクハラと感じるか否かで判断されます。

労働問題・就労問題の解決策

労働組合に参加して交渉する

労働組合とは、労働者同士で助け合うための組織をいいます。会社や行政だけでなく、自らの力で運営し、労働条件やトラブルを解決するためにあります。 特に大企業には労働組合がある場合が多いでしょう。一般的には労働組合には正社員しか加入できない組合が多く、また中小零細の企業では労働組合が無いことのほうが多いです。

専門家に相談する

不当解雇やセクハラ、未払い残業代などを労働問題や就労問題を、一緒に解決まで進めてくれるのが弁護士です。弁護士は依頼者の権利を最優先として、代理人という立場から会社側と交渉してくれます。 労使交渉には、労働者側と会社側で専門的な知識を交えた交渉が不可欠です。弁護士などを代理人として、専門的な観点から主張したい事実を的確に伝えてくれるでしょう。

この分野の専門家が書いたコラム

令和3年の民法等の改正(19)

2021-11-26

 ~不動産登記法の改正③~    住所等の変更登記に関する不動産登記法の見直し もなされました。 不動産登記法第76条の5の新設 です。  同条は、 所有権の登記名義人の氏名若しくは名称又は住所について変更があっ...

令和3年の民法等の改正(18)

2021-11-19

 ~不動産登記法の改正②~  また、 不動産登記法第76条の3が新設 され、 相続人である旨の申出制度 が新たに設けられました。前回述べた相続登記の申請義務を負う者は、 登記官に対して、所有権の登記名義人について相...

令和3年の民法等の改正(17)

2021-11-11

 ~不動産登記法の改正①~   令和3年の改正においては、不動産登記法の見直しもされました。所有者不明土地とは、不動産登記簿により所有者が直ちに判明せず、又は判明しても連絡がつかない土地を指しますが、不動産登記簿の...

沖縄県のよく見られている地域から労働問題・就業の専門家を探す

エリアを絞り込む

  • 沖縄県
  • 那覇・本島南部
  • 北谷・沖縄市・うるま

  • 名護・恩納村・本部町

  • 沖縄離島

  • 沖縄その他

主要なエリア