マイベストプロ長崎

[労働問題・就業]の専門家・プロ …2

長崎県の労働問題・就業の専門家・コンサルタント

勤務する会社や同僚と間に抱える問題を「労働問題」「就業問題」といいます。労働問題は特別なことではなく、会社を経営している場合はそのような問題は少なからず生じてしまいます。また、働く側にとっても誰にでも起こる可能性があるものです。このような問題は、なかなか社内で解決をすることができないため、まずはプロの専門家に相談することが早期解決に繋がるポイントとなります。労働問題といっても様々な種類があり、解雇などの労働者の生活を揺るがすような問題から、残業代請求や未払い賃金などの問題があります。またパワハラやセクハラなどの職場環境に関わる問題などその種類は幅広いです。例えば、マイベストプロには会社側の問題として社会保険や雇用保険のトラブルや労働時間や賃金などでもめている場合などは、会社の経営状況や規模に応じて就業規則を提案をし、問題解決につとめてくれる社会保険労務士の方がいます。また働き手の悩みとしてある過労死、過労自殺などに繋がる長時間労働については、事実確認を徹底的に行い、確実な証拠を出しトラブル解決に繋げてくれる、過労死、過労自殺を専門的に取り扱っている弁護士の方などがいます。トラブルをいつまでも先延ばしにせずまずはプロに相談しましょう。

現在の検索条件

長崎県×労働問題・就業

フリーワードで絞込み

1~2人を表示 / 全2

大塩泰義

このプロの一番の強み
介護事業所の処遇改善加算、BCP、年収の壁対策などサポート

[長崎県/労働問題・就業]

緊急時に事業の継続・復旧の指針となる「BCP」で、顧客の信頼と従業員の安全を守る

 多発する豪雨や地震といった自然災害や、世界中にまん延したコロナウイルスなど感染症拡大に備え、事業継続計画(BCP)を策定する企業・団体が増えています。 「緊急事態において基幹業務などを継続し、商品...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
事務所名
社会保険労務士大塩事務所
所在地
長崎県長崎市戸町4-15-10

竹口将太

このプロの一番の強み
弁護士3名在籍、女性弁護士在籍、初回相談料無料、夜間相談可能

[長崎県/労働問題・就業]

地域に根付いた「優しさ」と「安心」。若い力が集結した“町の法律家”

 高校生の頃から「困っている人の役に立ちたい」と、弁護士への道を目指していた竹口将太さん。司法試験に合格し2010年に弁護士登録を成してからは、自身の出生の地である佐世保市の法律事務所で研鑽を積んだ後...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
離婚、交通事故、その他男女問題、相続・遺言、借金問題(多重債務)、刑事事件、不動産、顧問(企業法...
会社名
竹口・堀法律事務所
所在地
長崎県佐世保市下京町9番13号  DKビルⅡ7階

労働問題の具体的な例

突然の不当解雇

不当解雇とは「明日から会社に来なくて良い」などのように、突然会社から解雇を命ぜられるケースです。仕事は私たちの人生や生活に直結しており、これを突如失うということは、その人の命に関わる重大な問題です。 よって法律では正当な理由が無い限り、解雇を禁止しています。しかし、どのような場合が不当にあたるのかは線引きが難しいため、悩んでいる人はまずは専門家などに相談してみましょう。

残業代の未払い

人が働くことができる時間は「1日8時間」および「週40時間」と決まっています。これを超過した時間を「時間外勤務」と定義しているのです。 会社側は、時間外勤務については通常よりも割増をした賃金を支払わなければなりません。「うちの会社は残業代は出ない」などの発言が会社側からあった場合、法的には問題です。 企業の在り方はそれぞれですが、会社で働き続けながら残業代を請求するのは難しいでしょう。多くの場合、退職時や解雇された際などに請求することとなります。

パワーハラスメント

パワハラとは、同じ職場で働く人に対し、職位や地位、職場内の優位性を利用し、業務範囲を超えて、精神的や身体的の苦痛を与える行為をいいます。また職場環境を悪化させる行為も同様です。 例えば同僚間で一時的に衝突し、その後の一定期間に無視をされたということがあったしてもそれはパワーハラスメントとはなりません。特にその期間が短かった場合には、違法性はなかっと判断される場合が多いでしょう。

セクシャルハラスメント

セクハラとは、本人の意としない性的な言動や行動のことです。職場内で誰かの性的な言動によって労働者が不利益を受けることや就業環境が害されることなど、そのバリエーションは様々となります。 対価型や環境型セクハラなどと呼ぶこともあるようです。セクハラの判断基準は被害を受けた側の主観を重視します。しかし客観性も必要とされ、被害者と同じ立場に立った場合に、平均的にそれをセクハラと感じるか否かで判断されます。

労働問題・就労問題の解決策

労働組合に参加して交渉する

労働組合とは、労働者同士で助け合うための組織をいいます。会社や行政だけでなく、自らの力で運営し、労働条件やトラブルを解決するためにあります。 特に大企業には労働組合がある場合が多いでしょう。一般的には労働組合には正社員しか加入できない組合が多く、また中小零細の企業では労働組合が無いことのほうが多いです。

専門家に相談する

不当解雇やセクハラ、未払い残業代などを労働問題や就労問題を、一緒に解決まで進めてくれるのが弁護士です。弁護士は依頼者の権利を最優先として、代理人という立場から会社側と交渉してくれます。 労使交渉には、労働者側と会社側で専門的な知識を交えた交渉が不可欠です。弁護士などを代理人として、専門的な観点から主張したい事実を的確に伝えてくれるでしょう。

この分野の専門家が書いたコラム

雇用保険法の対象者が拡大します

2024-05-11

 5月10日の参議院本会議で改正雇用保険法が成立しました。  現行の加入要件である、所定労働時間が「週20時間以上」から「週10時間以上」に引き下げることで新たに500万人程度の加入が見込まれます。加入者は失業時や...

育児給付について雇用保険法施行規則が改正になります

2024-04-09

 子供を保育園に入所させる意思がないにもかかわらず、労働者が育児給付の受給期間を延長させる目的で、入所しにくい保育所への入所を自治体に申し込む行為を防止するため、改正雇用保険施行規則が4月1日から施行されました。 ...

仕事と育児・介護の両立を支援

2024-04-01

 先に衆議院で成立した改正育児・介護休業法において、来年4月から子の出生直後から一定期間育児休業給付金の給付率が引き上げられます。  現在、休業開始から通算180日までは、社会保険料の免除を含めて実質手取り額で賃金...

長崎県のよく見られている地域から労働問題・就業の専門家を探す

エリアを絞り込む

  • 長崎県

主要なエリア

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ長崎
  3. 長崎の法律関連
  4. 長崎の労働問題・就業の専門家

© My Best Pro