マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ) / 塾講師

京都コムニタス

コラム

今年の臨床心理士指定大学院受験の難易度(続)

2022年9月20日

テーマ:臨床心理士指定大学院に行くための勉強方法

コラムカテゴリ:スクール・習い事

少し前に今年の臨床心理士指定大学院受験の難易度について書きました。
こちら
その時は予測として書きましたが、入試の動向が見えてくるにしたがって、やはり今年は倍率が高くなっています。30人程度の受験者が来るのが多くなっており、いわゆる人気校は60人程度受験生が来ているところもありました。定員が10だとしても、前後期の入試での定員ですので、1回の試験の倍率は30人中10人の合格よりも高くなります。後期はさらに倍率が高くなる可能性が高まります。前期で合格ができなかった方が必ず生じますが、今年は2月3月の入試までを見据えて受験戦略を立てるのが妥当です。
こういう時には、学科の点数をしっかり取る必要があります。やはり学科の点数が高い方が印象がよくなります。そもそも総合競技ではあるのですが、以前の方が面接でアドバンテージを取りやすかったと思います。
こちらにも書きましたが、新コースは学科にしっかり学んでいただくことを意識したコースです。現時点で、大学の先生は、受験生は学部で1年生から心理学を勉強してきたことを前提として見ています。面接で公認心理師の単位を持っているかどうかは、合否への影響はともかく、結構聞かれているようです。その意味でも、学科にそれなりに高い水準が要求されているのだと考えています。新コースは、効率良く学べるということも考えていますが、やはりテストをしながら、何度も繰り返して勉強することも大切ですので、繰り返しも意識して作っています。学科の点数を上げるためにお役に立てるコースになっています。


ご質問・お問い合わせはこちら


***************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
心理職大全
臨床心理士・公認心理師大学院受験コース入塾説明会
合格速報
コムニタス総合研究所

ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(京都コムニタス)

Share

関連するコラム