マイベストプロ山形
武田和博

「伝統」と「遊び心」を融合させる庭づくりと外構のプロ

武田和博(たけだかずひろ) / 1級造園施工管理技士

株式会社 武田園芸

コラム

天童市のS様邸のガーデニング完成しました。

2021年12月28日

コラムカテゴリ:住宅・建物



11月初めから着工したS様邸のガーデニングが
遂に完成致しました。

あえてプライベートな空間を保ちたいと
建物の三方向を道路で囲まれているS様邸。

どのようなデザインでそれをまとめたのか
とくとご覧ください。

【before】

【after】


玄関の扉を開けたらすぐに中が見えない様に
ウットフェンスを設けました。

【after】


アプローチは富沢石を石畳風に仕上げました。

【before】

【after】


カーポートの屋根はウッドフェンスに合わせて木目調にしました。

土間コンクリートは車の出し入れがし易いように
カーブを付けてあります。

【before】

【after】


ウッドフェンスで囲んだ事で建物との調和がとれて
敷地が以前よりも広く感じます。

【after】


道路が意外と高低差があったので
それを逆手に取って白御影の敷石も段差を付けて
リズミカルに据え付けてみました。

【after】


メイン通りは景観を考慮して
アオダモやヤマボウシ・オリーブなどの雑木を植えました。

根〆は自然石委を敷き詰めてロックガーデン風に仕上げました。

【before】

【after】


ものすごく目立っていた電柱の黄色い安全カバーは
敷地内という事ではずしてもらい、
そこへナツツバキの株立とハナカイドウを植え
根〆にはくりを植え付けました。

【after】


庭を広く見せ尚かつモダンな雰囲気にしたかったので
白御影の敷石を段差をつけて据え付けました。

自然石をまき石にした事で
和モダンなテイストも少し入れてみました。

物置の側面が気になったので
ここにもウッドフェンスを設けました。

【after】


周囲をウッドフェンスで囲って空間を仕切り
プライベートなスペースをつくりました。

アオハダやジューンベリー・ヤマモミジなどの雑木を植え、
根〆には多年草のアガパンサスや
シモツケリトルプリンセスを植えて
四季の移り変わりが楽しめるように決定しました。

【after】


リビングの周りにはウッドデッキを広めに取る事で
かなり奥行きがあるように感じます。

少しだけ野菜が取れるように家庭菜園も設けてみました。

この記事を書いたプロ

武田和博

「伝統」と「遊び心」を融合させる庭づくりと外構のプロ

武田和博(株式会社 武田園芸)

Share

武田和博プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0237-47-0263

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武田和博

株式会社 武田園芸

担当武田和博(たけだかずひろ)

地図・アクセス

武田和博プロのコンテンツ