まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

何が足りない?

雑感

2018年7月3日

サッカー、ワールドカップ、日本代表は残念ながらベルギーに負けました。2点を先制して、優勝候補相手にあと一歩まで追い詰めましたが、最後、数秒でひっくり返されました。マンガのワンシーンのようでした。ベルギーの攻めは強く、必死に守りましたが、それで体力はかなり削られていたのかもしれません。それでも受け身にならずに攻める姿勢を持って挑みましたが、届きませんでした。何が足りないのでしょか?とは監督の言葉でしたが、運命とか、運とか、神さまのいたずらとか、いろいろ、超自然的に思いたくなるものです。また、フィジカルが・・とか、具体的な部分の不足は外野がたくさん言うでしょう。しかし、監督は、やはりすべてを冷静に見た上での絞り出された声だったと思います。結果がすべてだと、普段から言い続けていますが、やはり、準備から始まって、試合に臨むまでの過程、始まってからの運びなどなど、たらればを言えば無数にあり、どことは断定ができないと思います。すべては積み重ねなのだとあらためて思い知りました。
私たちのように受験を手がける塾も常に勝ち負けの世界です。やはり日頃の準備の積み重ねが重要です。それも明確な目的を持って可能な限り正しい方法で準備をする必要があります。やはりしっかり良い準備ができた人が合格できます。
それでも勝負の世界は相手がありますから、相手も十分な準備をしています。多分ベルギーは余裕があり、劣勢になると、日本が闘いにくくなるような選手交代のカードを切ってきました。日本は手札を「正々堂々と」全部見せたベストメンバーです。余裕はありませんでした。このような小さな差の積み重ねも最後の結果に繋がったのだと思います。これが埋められるのかどうかはわかりません。選手の方々は、私たち素人には理解できない範囲で、すべてを理解して、体をはって闘ったのだと思います。予選リーグから、心身を削るような闘いが続き、疲れもあったと思います。素人の観客はただただ精一杯の賛辞を送りたいと思います。



****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+